The Moyurupen Street Journal for hatena

公平と正義の名の基に、時代の潮流を縦横無尽に駆け回ります。

米国大統領選挙とパナマ文書

日本のマスメディアでは、共和党のトランプ氏が指名獲得、
本選で大統領という報道をしていますが、
それは対岸の火事をみていることからの、憶測に過ぎず、
本質をついていない。天文学的な双子の累積赤字、貿易赤字
大義的失業率の増加、経済格差、人種差別、
ローマ帝国の末期的症状の顕著化、アメリカの良心の崩壊、
パックスアメリカーナの崩壊、などの状況のなか、
大統領指名活動だけで米国の命運を論ずるのは
早計といえるでしょう。仮にトランプ氏が指名を受け、
ヒラリー氏と本選を戦うとなると、
指名選挙活動レベルでのスピーチではもはや通用しない。
大事なのは、副大統領候補を誰にするかで、
戦い方が変わってくることは間違いない。
それは、個人ではなく党が決めるからです。
トランプ氏の副大統領候補が仮にもし、
ポール・ライアン氏となれば、
ヒラリーに勝てるでしょう。
トランプ氏のディベート力は未知数でオバマ氏の
ようなしどろもどろ状態になることも排除出来ないし、
高齢から来る健康問題も気がかりになるでしょう。
有権者の目は厳しくなります。ヒラリー氏も
パナマ文書関係で指名が頓挫することだってあり得ます。
要は、両党の副大統領候補選びが大統領決戦を左右する可能性は
否定できないということです。