The Moyurupen Street Journal for hatena

公平と正義の名の基に、時代の潮流を縦横無尽に駆け回ります。

ポスト安倍がスタート。

安倍三選が確定したが、圧勝とはとてもいえない開票結果となった。
全体807票(三票は無効)では安倍68.5%、石破31.5%。
約104万人の党員で投票した人は64万人強で、それでいくと約62%の投票率だった。
議員票では8割は維持したものの、党員票では石破氏が45%を獲得した。
県別でいうと、都道府県で37が安倍氏の勝利、石破氏は10だった。
勝利数でいうと安倍氏が圧倒しているように見えるが、
勝利した37のうち約半数は僅差だった。
それに議員票の20票以上が石破陣営に流れたこともあり、
安倍陣営は青ざめたに違いない。
石破氏は73票、安倍氏は329票。(有効票は402票)
白票もふくめて3票が無効票だったが、
これは面従腹背票(反安倍)とみたほうがいいだろう。
安倍総理の会見でもその表情が表れていた。
安倍三選は終わりの始まりでもある。
それにしても進次郎氏の石破支持表明は投開票の20日当日で、
19日には党員の投票も終えているので影響がないという考えだったと思うが、
あまりにも見え透いた行為だった。
両陣営にいい顔を見せたいだけだったのではないだろう。
進次郎氏が安倍サイドへの軍門に下った瞬間だった。
知名度がある進次郎氏もすっかり男を下げてしまったものだ。
大衆からも見放されようとしている。
いくら沖縄知事選で自公推薦の応援演説をしようが、
総裁選での身の振り方の希薄さは自民党員異以外でも目立ったに違いから、
無駄に終わるだろうし、弔い選挙での玉城氏のリードは揺るがないだろうとみる。
都知事小池百合子氏が進次郎氏に合わせて応援とは驚いた。
問題山積の豊洲・築地の案件などの本業をおろそかにしているとしか思えない。
2020東京都知事の改選は五輪直前になるが、
前倒しをするには政府の後押しが不可欠とみる。
その辺のしたたかな思いもあったのだろう。
沖縄知事選は玉城氏が選挙戦をリードしている。
勝利は間違いない。中間選挙前のトランプ氏との会談もプーチンや習氏との会談でも、
安倍外交の失政が問われることになるだろう。
三選後のレームダック化は今後ますます増幅してくるに違いない。
来年の統一地方選参議院選挙でも、野党は統一候補をもくろんでいるし、
安倍氏ではとても勝てないという空気は見逃せない。
自由民主党員さんの投票はやはり世論を反映することが証明された総裁選だった。
ポスト安倍のレースはすでにスタートを切った。
(数値結果は自由民主党本部が公表)