The Moyurupen Street Journal for hatena

公平と正義の名の基に、時代の潮流を縦横無尽に駆け回ります。

韓国の徴用工訴訟問題。

第三国の裁判の行方に日本政府は毅然とした態度が不可欠だろうと考える。

募集による行いが不法な扱いで理不尽だという言い分なのだが、

確かに旧日本軍の大本営ナチスドイツと枢軸国としての立ち位置であったゆえに、

周辺への植民地的見地を利用して軍への忠誠を強制していたのかもしれない。

後世がその尻拭いをしているわけだが、一旦和解したかに見えたことが、

再燃し新たな課題をクリアしなければいいけない事態となった。

これを解決するには両国のリーダーの質と器量にかかっているといえるだろう。


「あり得ない」徴用工巡る韓国の判決に総理が不快感(18/10/30)