仁科広嗣の「新歴史の研究」 ○THE NEW HISTORY EYES○

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。

■新型コロナウイルス緊急十大対策

 中国の新型コロナウイルスが世界中に猛威を放っている。今更、中国国内に野生動物(ネズミ・コウモリ)を食料にする文化があるとか、庶民の公衆衛生に対する認識が甘かったのが原因といってももはや後の祭りだ。日本の政府専用機航空自衛隊)が中国に入れないのは如何に日本政府に中国への外交力がないか世界に示しているようなものだ。幸い民間のANA航空が手を差し伸べてなんとか急場はしのいだが、感染者の増殖は今後どうなるか恐ろしくて想像するのもいやになる。IR問題や桜関係で国会審議が停滞し、このまま日本政府の後手後手の政策が続くと、2020東京五輪開催も不可抗力での中止もあり得る。日米三大協定でがんじがらめにされている憲法改正どころでないのだ。たとえ開催されても、無観客試合での開催は可能と言われるが、当の参加選手達への命の保障はどうなるのか。。。WHOとIOCは重大な決断に迫られているが、個人的には今後の東アジアでの国際大会や2020東京五輪開催は到底無理ではないかと考えている。新型コロナウイルスが7月までに収束しない場合は五輪はおそらく開催できない。これまでの膨大な五輪経費は水の泡となる。官邸のノー天気な政が日本の未来を潰すのは決して許されるべきことではない。政治家にはこの国は任せられないと言う空気が蔓延している。226事件での青年将校の叛乱は軍閥・官僚・政治家たちのまつりごとへの戒めが起因とも思えてくる。国民の政治的無関心が官邸の暴走と不条理を招く原因ともなっている今は当時と酷似している。祖父に替わって再びお仕置きをしたいぐらいだ。三島由紀夫氏が生前「議会制民主主義には大義がない」という主張をしていたが、今の国会審議を見てもあながち間違いではないらしい。
 中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスだが、有効なワクチンがないようだ。一部では陰謀とか細菌兵器(武漢に二つの生物兵器研究所が存在)とか極端な見方の言う人もいるが、とにかく日本では自分の身を守る手立てが示されていない。政府の対応は各国に比べて余りにも遅すぎるし、外国人からの防疫対策も皆無に近い。悪いけれども、日本に今後入国される方はしばらくの間(潜伏期間)は隔離に耐えて国内での拡散の助長をしないでほしいという意見が大多数だろうと思う。ピークは半年先という予測をする人もいるが、おそらく一年以上は収拾がつかないと見ている。今は2020東京五輪開催どころではない。新型コロナウイルスウイルスにかからない留意点を皆さんと共有したいと思う。

1)普通のマスクでは効果がない。するならN95マスク(医療用)だが高価で息がしにくい。
2)イソジン(ポピドンヨード液)を常備する。
3)アルコールは避ける。(ウイルスへの抵抗力が弱くなる)
4)指で鼻くそを掘らない。清潔でない指から鼻を刺激するのは感染しやすいし自殺行為。
5)睡眠は充分にとり、人混みの中に身を投じない。
6)暴飲暴食は避ける。(腹七分目か八分目に抑える)
7)体力の維持と強化を図る。(抵抗力を高める努力をする)
8)規則正しい生活をする。
9)こまめな消毒と手洗いは必須事項。
10)これと言った有効な薬はない。自然治癒力で克服する。有効に見えそうな薬でも副作用と後遺症は避けられない。14日間の潜伏期間を耐え忍べば、その後は身体に抗体ができ二度とかからなくなる。今はそうするしかない。