ジャーナリズムランキング

仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。<潮流戯画手帖>

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0022

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0022…「2021年の潮流を予測する」

 

2020年は数字的に見れば非常に弱い一年だったとみる。2021年は力強い一年になるのではないかと予測しているが無責任的なスタンスではあるけれども、未来の予測はかなり難しい。それでも、気になる私たちの未来をみてみよう。

 

1)東京五輪パラリンピックは2020年12月にはIOC側では中止をせざるを得ない認識にあるが、開催国日本からの中止宣言を狙っているので、日本政府としては最後まだ中止の発言は控えなければならない。日本側からしてしまったら全て負担を負わされることになる。2月までにはおそらくIOC側からの決断があるので日本としては静観を構える事が必要だ。間違っても総理自ら五輪中止宣言はしてはならない。

 

2)トランプ大統領にはもう後がない。窮鼠は猫を襲うしかない。46代大統領には便宜上ペンス氏になってもらい、トランプ氏の恩赦を実行する。これによりバイデン氏は47大大統領になる可能性はなくはない。バイデン氏は任期途中でカマラ・ハリス氏に引き継がれる。ジョージア州上院議員選挙は民主党が二議席を確保し50:50で民主党が議会での主導権を奪う。

 

3)新型コロナウイルスの変異種の増加に伴い、拙速のウイルスワクチンの効果はなくなり、開発は振り出しに戻る。ウイルスの耐性がワクチンの開発が強まるだけ強くなり、接種の副作用が顕在化して、製造苦境に追い込まれる。変異種の拡散がとまらない。2021年の2月ともなれば、全世界での感染者数は一億人を超え、死者は200万人となるだろう。

 

4)日本のエンターテインメント業界が東南アジア圏で最もレベルが低くなる。日本のエンターテインメント界では、若い世代には圧倒的な支持を集めていたジャニーズタレントの休業や引退などで、その後の業界の風景を垣間見るのは難しい。米国のように俳優養成機関が整っておらず、プロダクション任せの功罪が今後問われることになりそうだ。

 

5)バイデン政権と習近平政権のスクラムで、太平洋統治は事実上米中の専権事項となる。田中角栄氏と周恩来氏との表向きの外交の裏には、米国と中国の太平洋分割統治案がほぼ決まっていた。中国の実効支配は日本の国政に与える影響は大きくなるだろう。

 

6)プーチン政権がクーデターにより崩壊する可能性がある。プーチン大統領が引退後も生涯刑事訴追を免除される法律をつくるという。これまでの不正蓄財疑惑やライバル排除による暗殺支持疑惑、他国への政治介入などで様々な疑惑が積み上がっているなかでの生涯免除は国民が納得できるものではない。第二のロシア革命が勃発する可能性は大いにある。

 

7)安倍晋三氏が検察審査会で告訴され強制起訴が確定する。政治資金規正法の嫌疑では全て秘書が犠牲になったが、市民が参加する公職選挙法での嫌疑のほうを検察は重きを置いている気がする。二人目の首相経験者逮捕の号外が巷を驚かせるに違いない。

 

8)新型コロナウイルスパンデミックが止まらず、東京五輪は中止になる。変異種の拡散で今後2,3年は予断を許さないだろう。

 

9)中国と米国が共存の道を歩み、日本はスルーされる可能性がある。米国の民主党は中国寄りの姿勢が強いのでどうなるか。

 

10)新たな世界のリーダーが出現する。