ジャーナリズムランキング

仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

「THE NEW HISTORY EYES」は人類の歴史を360℃視点で深く追究していきます。    <潮流戯画手帖>

MY WEB SITE 2022 new

●公開サイトラインナップ14 site●

1)THE NEW HISTORY EYES for FC2
http://moyurujyukai.blog.fc2.com
※明朝系の書体で読みやすい無料のブログと有料作品のマガジンブログを公開しています。プリントをしてゆったりと読むことも出来ます。YouTubeでのスライドショウと併せてごらんください。

2)THE NEW HISTORY EYES for WordPress
https://kandytensui.wordpress.com
※読みやすい海外用発信英語専用ブログです。GoogleBloggerでも公開中です。

3)THE NEW HISTORY EYES for Google
https://moyurupen.blogspot.com

※全世界からの視聴をいただいているブログサイトです。ロシアやアメリカ、ウクライナからも訪問されています。二次的にWordPressでも公開しています。

4)MOYURUPEN GATE SLIDE SHOW
https://ameblo.jp/reiwa1110
※令和元年から開始したスライドショウ専門ブログです。

5)THE NEW HISTORY EYES for Ameblo
https://ameblo.jp/rei87/
※2004年amebloが開設してからのユーザーとして公開しています。現在読者の方は620人ほど。掲載記事数は12000程になりました。

6)仁科広嗣の新歴史の研究「THE NEW HISTORY EYES」
https://dreamconcept01.hatenablog.com
※hatena版のブログで読みやすいレイアウトで発信しています。

7)THE NEW HISTORY EYES for Excite
https://mirai0318.exblog.jp
※2022年から始めたExciteのブログです。

8)Livedoor~THE NEW HISTORY EYES「潮流戯画手帖」
http://blog.livedoor.jp/kandytensui/
Livedoor版のブログです。2017年~。

9)仁科広嗣の『新広告批評』THE NEW HISTORY EYES
https://blog.goo.ne.jp/shinkokokuhihyo
※Goo版のブログです。レイアウトのスペースが広いのが特徴です。

10)聖域247<潮流戯画手帖>
https://blog.goo.ne.jp/seiiki247
※聖域なき諫言ブログです。メディアへの忖度は一切しません。

11)潮流戯画手帖 for FC2
http://kandytensui.blog.fc2.com

12)THE MS JOURNAL for FC2
http://moyurusekai.blog.fc2.com

13) THE NEW HISTORY EYES for MOYURUPEN GATE
http://seikan2020.blog.fc2.com

14)MIRAIKARANO ARASHI
https://miraikaranoarashi.blog.fc2.com


○___________________○

◆プロフィール:仁科広嗣(にしな ひろつぐ、本名:非公開)、新潟県出身。MAU大学卒業後、KG大学で哲学を学ぶ(中退)。大学在学中からデザイン会社創設メンバーに参加・2005年まで)。30歳で銀座玉屋画廊(和光ビル裏)で個展(幻想絵画)開催。グループ展多数。コピーライター養成講座終了・講談社広告企画ディレクター講座受講(1970年代)・マンパワーJでキャリアコンサルタント養成講座修了・都内広告代理店でクリエイティブ・ディレクター、28年間勤務。ヘッドハンティング会社でネット戦略部クリエイティブディレクター。探偵会社での広報PR企画担当。日本郵政グループ(銀座)で11年間サポート。現在、創作小説(短編・中編・長編)執筆中、和製トム・クランシーを目指して鋭意奮闘中。YouTubeでスライドショウ専門チャンネル開設中(240作発信中)。Weblog(×10)+Magazinblog(×3)+YouTube(×240)のトライアングルメディアで連携して発信中。Lancersでスライドショウ制作コンサルティング。Web検索:「Moyurupe Gate」、「THE NEW HISTORY EYES」、仁科広嗣
○___________________○