ジャーナリズムランキング

加地鳴海の天正戦国小姓の令和見聞録(hatena version)

人類の歴史を戦国の小姓の視点で深く追究していきます。

2017-06-01から1ヶ月間の記事一覧

「はい、こちら2020東京五輪」第九章その一

■「初めて読まれる方へ」■・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタントの中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育ってい…

内閣の共同謀議。

文科省から新たなというより、決定的な文書がみつかり、 これはもはや、組織的な権力乱用といっていいでしょう。 文科省の官僚には職権と言うよりも、忠実な執事という立ち位置にあり、 ありとあらゆる行政上のメモをとり保管する仕事。 その出所がわからず…

「忖度(そんたく)」の本当の意味。

森友学園、加計学園での為政者・官僚・当事者でのやり取りで、「忖度(そんたく)」という用語が頻繁に出てきていますが、日本語としても意味がわかりにくく、ましてや外国語に訳すとなると難しいようです。 一般的には、「推測」と言う定義があるらしいが余…

共謀罪成立の責任は有権者にあり。

日本の代議士の選挙では、 投票率の低さが世界的な話題になっていますが、例えば、フランス革命のように一般市民(民衆)が、権力のトップを直接断罪する歴史を持たない日本は、御上の言うとおりに隷属的になる民族的性格を有しているといえるでしょう。こら…

All of Moyurupen Site 2017

<All of MOYURUPEN WEB Site(海外専門含む)>※MOYURUPENの関連サイトは13個あります。無料メールマガジン不定期更新中、Youtube登録チャンネルには約110個の作品があります。主に執筆した小説やコラムを動画で観賞できるようにしました。ブログは1…

水面下で進む米朝平和友好条約締結Xディ。

トランプ氏とプーチン氏が水面下で、北朝鮮と米国の平和友好条約と停戦から終戦の動きが取り沙汰されていますが、日本の政府とマスメディアは北朝鮮への強硬姿勢を強めており、表向きは日米同盟強化としながら、水面下では、「安倍は一切口だしするな!」と…

歴史的視点での日本の好戦的DNA。

日本の戦国時代、種子島で鉄砲伝来をしたとたん、瞬く間に国内に数百万丁もの鉄砲を配備し、西欧列強から宣教師が訪日した折、数万の出城を構え各地に強力な軍隊を構えている姿を目にし、これでは日本を攻めることはできないと悟ったそうです。事実戦国時代…