仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。

Vol.0012... "mission inn and POSSHISHIBURU of a top leader in the 21st century"

Vol.0012... "mission inn and POSSHISHIBURU of a top leader in the 21st century"

It's so a lot that a student of history who has the interest in the ability of the top leader who rules an empire and various countries and the person who participates in active power can't finish counting but man of the headship which can be a model doesn't lay so that he counts. Qianhan in China falls and a new dynasty is built for about one year, but even if it'll be now, historical actual GA where ryuu excelled, regained and built Houhan is holding a sense of dread from all over the world. Sho Katsuryo Kong-ming, Cao Cao and Mao Zedong look up to him as his mentor. Kong-ming was too famous as a strategist of Liu Bei profound virtue, but even if it was done with that, there was a wall to the top leader it isn't possible to exceed. There was Cao Cao in the leading role-like location by the Sanguozhi, and tolerance was big as a leader, and a son sou day made a foundation of the gi dynasty which abdicated the throne with Houhan, but it isn't away from him for an emperor. An emperor thinks the leader image which has no history examples above mentioned as staunch working which commands a front and fights daringly personally is that it's natural for everyone to hold a sense of respect and dread. How about putting the ability of the active top leader of each country of the world in the history of civilization now, is it seen?
He reigned as the length of the Japanese politics during 8 years, but Mr. Shinzo Abe gets an incomplete impression in the way middle in realization of a policy. While the disease turns and can't steer any more 2020 difficultly by a Corona misfortune, and the new growth strategy pronounced three arrows is the second time, it has been a result as exiting. The first time was the situation that I have no how to do, but when concentrating on politics the second time, a fixed countermeasure should be done, and when doing the severe way of speaking, even if a label as slackerism is put, the manner wouldn't be here. Mr. Kan who was the strategist role up to that was chosen as successor's prime minister, but it's unknown quantity the original color can be made, and whether it's answered by national futaku. There is no POJISHONNINGU of a top leader to working in an image from the farmhouse, and a Chinese side seems to be the situation that I'm anxious about correspondence. Mr. Shinzo Abe was a wall by Japan-China relations by a blood vessel of Mr. Kishi Nobusuke who was in the center of the Imperial Rule Assistance Association, but Mr. Kan is a person of the background and working to which he completely has no relation, so a Chinese side can't do any more a paranoia strategy in the war, and diplomatic advantage is the destroyed figure. Mr. two floors seem upset with a party in the parent and a party during a flattery on the White House side, but it would be better not to worry about it. Future's Japan, I should touch a Chinese side by personal diplomacy. The salesman who isn't familiar with political power of cards will probably become thin from now on.
Chinese whole makes a policy bear a close resemblance to the power of the Daito dynasty and the former dynasty directly, but I think the scrap paper isn't supposed to do 50 year guarantee of the double systems in a single nation in Hong Kong. 27th vintage is still guaranteed, a period, Mr. shuu Chinahira (the Communist Party of China, emperor) has the obligation attendant for Hong Kong citizen. Isn't it a main subject of an original Chinese emperor to see ahead of 200 years per 100 years and consider politics? Even if it's made Taiwan, you'll need flexible correspondence. Anyway democratization would be formed at a Chinese continent, Russia and Korean Peninsula. There is a possibility which changes during this century for the world order. Or, the mankind has no choice but to ruin.
An own country priority principle is only overture of a civilized collapse. Trouble and a war welled up from there the time of everytime. History in each human time tells that. Is it all right already that the generation when you don't know a war repeats a war again? There is a guarantee Heiwa can maintain by succession only of a word nowhere. When a perspiration and trouble aren't embodied with a descent, it can be understood instinctively that it isn't brought close to its painful. There is a used habit on the system side, and the major media aren't supposed to forget that there is a dislike which chips discernment objectively. Propaganda of weapons of mass destruction by running out of control of Imperial Headquarters and an Iraqi war of the prewar military is the good example. A student of history, a politician, an author and an artist journalist should keep in a liver to take on the mission out of which Taihei in a world is being formed fairly. The duty is boundless and heavy.

 

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0012

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0012…「21世紀トップリーダーのミッション・イン・ポッシシブル」

 

 帝国や諸国を治めるトップリーダーの器量に関心を寄せる歴史学者や現役の権力に携わる人は数え切れない程多いが、模範となり得る指導的立場の人間は数えるほどしかない。中国の前漢が滅び、一年ほど新王朝が建立されるが、劉秀で奪還し後漢を築いた歴史的事実がは今になっても世界中から畏敬の念を抱かれている。諸葛亮孔明曹操毛沢東も彼を師と仰いでいる。孔明劉備玄徳の軍師としては余りにも有名だが、それを持ってしても超えることが出来ないトップリーダーへの壁があった。曹操三国志での主役的位置に有り、リーダーとして度量が大きく、子息曹ひが後漢から禅譲された魏王朝の礎を作ったが彼は皇帝にはなれなかった。皇帝自ら前線の指揮をとり果敢に戦う筋金入りのたたき上げという、歴史上例のないリーダー像は誰しもが尊敬と畏敬の念を抱くのは当たり前のことだとは思う。いま世界の各国の現役のトップリーダーの器量は文明史においてはどう見られているのだろうか。

 安倍晋三氏は8年の間日本の政の長として君臨したが、政策の実現には道半ばで中途半端な印象を受ける。三本の矢と謳われていた新成長戦略は折れてしまい、2020年のコロナ禍での難しい舵取りが自らの病によって出来なくなり、二度目の途中退場という結果になってしまった。一度目は致し方のない状況ではあったが、二度目は政に専念すれば一定の解決策は施されたはずであり、厳しい言い方をすれば、責任回避というレッテルが貼られても仕方があるまい。それまで軍師役だった菅氏が後任の首相に選ばれたが、独自のカラーを作れて国民の負托に答えられるかは未知数だ。中国側は、農家の出身でたたき上げでのトップリーダーのポジションニングはイメージになく、対応に苦慮する状況らしい。安倍晋三氏は大政翼賛会の中枢にいた岸信介氏の血脈で日中関係での壁になっていたが、菅氏はまったく関係のない経歴とたたきあげの方なので、中国側は戦争での被害妄想戦略が出来なくなり外交の優位性が崩された格好だ。ホワイトハウス側では二階氏は親中派媚中派と騒いでいるようだが、気にしない方がいいだろう。今後日本独自の外交で中国側とは接するべきだ。トランプ政権との慣れない外交は今後薄くなるだろう。

 トランプ大統領は4年前選挙に勝てるとは思ってはみなかっただろう。投票前はクリントンが100%勝利するとメディがそろって世論を形成していたからだ。ヒラリー氏はまさか敗戦するとは思ってもみなかった。私的メール使用問題とか国家秘密漏洩問題・クリントンキャッシュ問題・健康問題・民主党候間でのいざこざが、トランプ不利の状況を変えてしまった。それが隠れトランプ票を呼び覚まし大逆転でトランプ大統領が勝利した。彼が就任してからは、大統領令を乱発し、岩盤支持層向けの政を優先させ、国内の分断化と人種差別や経済格差の増大を加速させた。バイデン氏(ハリス氏)にリードを許しているトランプ氏の再選は難しい局面にある。2020年は「反トランプ票」がキャスティングボートを握っているかもしれない。恫喝交渉が得意なトランプ大統領金正恩との何回かに渡る会談でも成果は残せなかった。イスラエルパレスチナの不仲を助長させ、地球温暖化やWHO脱退まで進み、イランとの核合意も途中で破棄してしまい、ロシアとの核拡散防止協定も破棄してしまう。ゴルバチョフ氏とレーガン氏がせっかく築き上げた合意も棚上げにしてしまい、世界のミリタリーバランスが崩壊してしまった。

 中国の一帯一路政策は大唐王朝元王朝の覇権を彷彿させるが、香港の一国二制度の50年間保証は反故してはならないと考える。まだ27年もの保証期間を香港市民に付帯する義務は習近平氏(中国共産党皇帝)にはある。100年200年の先を見て政を考えるのが本来の中国皇帝の本筋ではなかろうか。台湾にしても柔軟な対応が必要だろう。どのみち、中国大陸やロシア、朝鮮半島では民主化が形成されるだろう。世界秩序は今世紀中には変わる可能性はある。さもなければ人類は破滅するしかない。

 自国優先主義は文明崩壊の序曲にすぎない。いつの時代でも紛争や戦争はそこから沸き起こった。人類の各時代の歴史がそれを物語っている。戦争を知らない世代がまた戦争を繰り返すのはもはや仕方が無いのだろうか。言葉だけの継承で平和は維持できる保証はどこにもない。血と汗と紛争を体現しないとその切なさに近づけないのは本能的に理解はできる。大手メディアは体制側に利用される習性があり客観的に明察を欠く嫌いがあることを忘れてはいけない。戦前の軍部の大本営の暴走やイラク戦争での大量破壊兵器プロパガンダはそのいい例だ。歴史学者や政治家や作家やアーティスト・ジャーナリストは公平に世の太平を形成していくミッションを帯びている事を肝に銘ずるべきだ。その任務は果てしなく重い。

 

Vol.0012... "mission inn and POSSHISHIBURU of a top leader in the 21st century"

プロフィールを更新いたしました。

■(仁科 広嗣:にしな ひろつぐ)。

f:id:dreamconcept01:20200908010801j:plain

○I give you nice life and good future○
Moyurupen Gate Entertainments Perfect Tours
○_______________ ○
Moyurupen Gate&Moyurupen Gate2のYouTubeチャンネル、は仁科広嗣が三位一体メディア<ブログ・マガジン・YouTube>で展開しているサイト(23個)ツアーご案内の完全版です。YouTubeの視聴と同時に公開中のブログのすべてが閲覧可能となります。
★_______________ ★
Behind the story 2020tokyo(2020幻想の東京五輪狂騒曲)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-89.html
Moyurupen gate Entertainments-001
https://ameblo.jp/rei87/
仁科広嗣の「新歴史の研究」for hatena-002
http://dreamconcept01.hatenablog.com/
Seesaa the moyurupen street journal-003
http://moyurupen.seesaa.net/
Moyurupen Fc2-004
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/
仁科広嗣の「新広告批評」-005
https://blog.goo.ne.jp/shinkokokuhihyo
仁科広嗣の「新歴史の研究」for Goo-006
https://blog.goo.ne.jp/moyurupen
Excite moyurupen-007
https://kandytensu.exblog.jp/
Livedoor moyurupen-008
http://blog.livedoor.jp/kandytensui/
Googl moyuurpen-009
https://moyurupen.blogspot.com/
MS.journal foe mag2-010
https://www.mag2.com/m/0001673620
The moyurupen gate word-011
https://kandytensui.wordpress.com/
Moyurupen Gate-012
https://www.youtube.com/c/kandytensui/videos
Moyurupen Gate2-013
https://www.youtube.com/user/kura2290/videos
Secret of 2sisters-014(シークレットオブトゥーシスターズ)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
haha ha probowler-015(母はプロボウラー
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
itsuwarino atsugesho-016(偽りの厚化粧)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-85.html
teishuku seijo-017(貞淑聖女)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
Secret of natsuko-018(光の追憶)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
Scret of driving school-019(シークレットオブドライビングスクール)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-15.html
nijino yuwaku-020(虹の誘惑)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-11.html
Fregrance love-021(フレグランスの恋)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-9.html
korui no fukei-022(紅涙の風景)
http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-14.html
seikan tokumei fc2-023(生還特命日記・個人再生入門)
http://seikan2020.blog.fc2.com/
(presented by nishina hirotsugu)

 

■(仁科 広嗣:にしな ひろつぐ)。
新潟県生まれ。祖父は平成天皇がお生まれになられた時、伯父と共に皇居の警備にあたっていた。近衛師団第三歩兵連隊で226事件決起部隊に参加もその後本部隊に復帰、満州スマトラを回り負傷して帰国、私が三歳の時に他界。四十七士の堀部安兵衛の生家は実家にほど近いところにある。高校卒業後は三年間民間企業(写真関係)で従事、親からの仕送りは無理だったので入学金を貯めながら受験勉強、その後美術大学に入ると同時に、知人のデザイン株式会社の創設メンバーとなる。幼少時より大人の雑誌小説:官能小説に読み耽る。ドラクロアの「民衆を率いる自由の女神」を観て覚醒し、裸婦の絵画制作を極めるため武蔵野美大の門をくぐる。恩師である故美術評論家坂崎乙郎氏の講義でシュール・リアリズム(幻想絵画)の世界に傾倒する。ヌードモデル(絵画)他アルバイトをしながら学費を稼いで25歳で美大を卒業、慶應義塾で一年間哲学を学ぶ(中退)。その後、某広告代理店(電通のライバル会社)でクリエイティブ・ディレクターを担当。30歳を機に銀座で個展を開催する。同時に小説創作に目覚める。広告代理店業界(25年間勤務)を去った後、JRA関係・メトロ新聞関係・リクルートホールディング・サウスタワーで二年間雑誌編集のスーパーバイザー、女性社長探偵社・ヘッドハンティング会社・美術出版関係・流通関係・政治団体関係など7社ほど取材を兼ね勤務。独自の美術評論をはじめ、小説では目下SF、ハードボイルド(主人公男性版・女性版)、歴史シミュレーション、戦争物、恋愛物他執筆中。併せて、YouTube動画小説を展開中。目下、32作品のうち8作品が完成。SNSでは発信していない。趣味:ハードロック鑑賞・散策・スポーツ観戦全般・絵画鑑賞・世界の美女研究・文明の興亡研究。尊敬する作家&アーティスト:三島由紀夫渥美マリ、宇野鴻一郎、トムクランシー、アーノルド・トインビー、安井曽太郎今東光YMO美大の先輩高橋幸宏)、ABBAMadonna、テイラー・スイフト、ボン・ジョビ、カール・ベーム
■<<THE NEW HISTORY EYESはスロージャーナリズムの立場で、聖域やタブーなき公平・中立の表現の自由を守る砦です。Moyurupen Gate Entertainmentsは自由な発想・憶測・推理・予測で縦横無尽に駆け巡ります。>>★youtube動画小説普及向上委員会主宰:仁科広嗣・上松由紀夫・澤田由希、倉本貴子、山本真理亜、Tom Crisis、Maria Estrogen■
■Moyurupen GateはLINE,Facebook,twitter等のSNSでは発信しておりません。予めご了承ください。

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0011

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0011…「史書に記される倭国の総裁選2020」

 

 自由民主党の総裁選が緊急事態での対応で、両院議員総会394票+地方党員141票(フルスペックでは394票)で行われることになった。その理由は説明がなされていないのは誠に残念だ。安倍晋三氏の病状はそんなに深刻なのかはよく分からないが、医療従事者がいうのだからとりあえずは認めておく。本当に病状が悪いのかは分からないが、彼の後継には菅官房長官が有力視され、各派閥のトップも彼への支持を表明し、数の論理から見ても岸田・石破氏に勝ち目はなく、ピエロの様相を呈している。にも関わらず両氏が負けを覚悟で総裁選に懸命に取り組んでいる姿は有権者からみてすがすがしくも見える。総裁選では菅氏が総理になることが有力視され、岸田・石破両氏は負けが分かっているにも関わらず、奮闘している姿を全国民はメディアを通し目にしている。このコロナ禍の状況で二ヶ月間以上、国会は閉鎖をしているのに、現職の総理が体調を理由に辞任したからといって、自民党が緊急を要するフルスペックでない総裁選を断行するのは国民から見たら余りにも理不尽に見える。来たるべき解散総選挙では自民支持層にはかなりの影響がでるはずだ。権力闘争は数の論理で大体決まるが、あるきっかけでそれが覆されることもある。朝日新聞の独自の世論調査で首をかしげざるを得ない報道を目にした。安倍首相が辞任表明後、ポスト安倍候補で一番人気があった石破氏が菅氏の下に位置しているという。それまで世論調査では、石破氏が世論調査で菅氏を二倍近く上回っていたが、菅氏が総裁選で勝利するという確信を得たのか、一位と二位を入れ替えてしまったという想像は誰しもが抱くに違いない。世論調査は電話での1000件ほどのものなので、世論を本当に反映しているか実に怪しいものだといえる。第二次大戦後、玉音放送の前日までは、戦意高揚・大本営直属のメディアだった朝日新聞が、終戦と同時に民主主義を唱えるのには余りにも変わり身が早すぎた。そういうトラウマが戦後75年経っても大手新聞社にはあると思う。石破・菅の人気ランキング入れ替えの云々についてはそのことで想い起こされた。

 中国では紀元前から史書を基準として国家の基盤を成し得ていたが、科挙制度にしても王朝が変わっても国家のリーダーの入れ替わりや出来事を公平且つつぶさに書き残している。中国4000年の四大文明の歴史の重みはそこにある。ただし、毛沢東政権での文化破壊大革命でその実績はチャラになった。そういう観点からでも今日の中国共産党王朝の独裁的な政が今後どういう風に公文書として評価されていくのか興味は尽きない。香港や台湾への対抗も今後難解を極めるだろう。個人的には中国は民主的な国家に是非なってほしいと願ってはいるが。人類の権力闘争は数千年もの間繰り返されてきている。倭国(日本)の21世紀自民党の権力闘争劇も将来一つの事例として中国の史書に記されているに違いない。日本では公文書を残す制度をないがしろにされているからだ。官邸忖度的風俗系新聞社夕刊のガセネタかどうかは知らないが、トランプ氏の再選が決まれば、安倍総理が再々登場という筋書きもあり得るとは言ってはいるが、もしそうだとすれば、今回の辞任劇は仮病と言う誹りは免れないし、首相の途中辞任が三度あるという悲劇の茶番は許されない。菅総理が一年限定の縛りがあっても、中堅メディアでの行き過ぎた言動は充分慎まなければならないだろう。安倍氏命のメディアという立ち位置は理解できるが、コロナ禍での今現在報道の混乱は避けるべきだ。安倍氏の首相在任記録の更新は公文書でも存在しなかったと未来の歴史学者は言うかもしれない。そうであっても当事者が公文書の存在を否定していたのだから自業自得となる論理は成立する。21世紀になっても人類の文明や権力闘争の有り様は有史以来まるで進化していないようにも見える。

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0010

 

 


TNE NEW HISTORY EYES STRONG PERFECT TOURS

 

THE NEW HISTORY EYES
Presented by hirotsugu nishina


Vol.0010…「風雲永田城、菅新総理が一年間職務を遂行する決定的な理由」


 安倍首相が辞任を表明したとたん、総裁選への意欲をもつ候補がゾロゾロと出始めてはいるが、時期的には平時ではなく緊急時であることから、両院議員と部分的な党員代表でのフルスペックではない総裁選になりそうだ。総選挙後や改選時期でのことなら物理的に余裕があるので、本来の党員の意向をすべてくみ入れるやり方が普通ではある。しかし、緊急性とコロナ渦と経済再生への期待を背負わねばならなかでの総裁選には、平時ではない対処の仕方は世論も後押しをするに違いない。総裁選では人の器量や普段の人徳が問われることになるが、権力闘争では無視できない派閥の力関係が加わり、レースの行方はより難解となってくる。だからYouTubeSNSでは予想が外れるのが怖くて発信できない輩が多くなっている。もちろん、私論の見解で決めつけることはいくらでも可能だが、必ず予測が的中する術を持っていれば、覚悟を持って論じることができる。これはAIには絶対できないことだ。そういうAIに対する自信がなければ公言はできない。ここでは、新歴史の研究を進めている身から、大胆に次期総理を論じてみたい。
 総選挙がいつになるかは分からないが、その時点でまた総理の立ち位置が変わってくるので、軽はずみには言えないが、おそらく、次期総理に選ばれるのは現菅官房長官だろう。平成の元号を当時発表したのは小渕官房長官だった。その後彼は総理になった。令和の元号を発表したのは菅官房長官だ。歴史は繰り返される。官房長官が総理への最短距離と言われる所以だ。安倍晋三氏は生まれたときから七光りの環境で総理の職に就いたが、菅氏は彼とは真逆の道のりでたたき上げの総理と謳われる可能性は高い。農家の長男・高校卒業後勘当されて集団就職で上京、数年間民間会社に勤務後大学で学ぶ。この道程は私と同じなのでより菅氏には親近感が湧いてくる。地方議員十数年務める。それから50代を前に国会議員になった。要するに苦労人でたたき上げの人生だから、意志と信念は相当固いものがあるとみる。安倍総理の後継には岸田氏が有力候補だったが、コロナ渦での対応に世論の批判があった。世論の高まりで10万円の一律支給になるまでは、30万円の限定支給にこだわっていた。そういう些細な物事にしても荒削りな面があるということは、大事も成し得ないことにたどり着く。人望も人が言うほどあるわけではなく、物事に流される器量は総理になるには厳しい評価が出てくるのは仕方がない。派閥力学的にも支持を広げるのは難しそうだ。もう一人の石破氏は地方の党員ではかなりの人気で、前回の総裁選では地方党員の支持が安倍氏を上回り、僅差で敗北した経緯がある。自民党を一度離党したせいか、国会議員の支持が広がらない。両院議員総会を中心に行う総裁選は石破氏にとってはまさに致命的な状況となる。細田派や二階派は菅氏への支持にまわるだろう。総裁選がフルスペックになっても、菅氏優勢の状況は変わらない。

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0009

THE NEW HISTORY EYES
Presented by hirotsugu nishina


Vol.0009…「2015年、戦国時代からの提言」


美智子夫人から家内に電話があった。みどり君が今年の五輪開催地リオディジャネイロに舛添知事らと下見にいくことになったらしいのだ。スタジアムの建設の進み具合が危うくなったとの情報もある。新国立だって例外ではない。あと四年あると言う見方と、あと四年しかないという待ったなしの状況もあるからだろう。
 2015年が過ぎ新しい年を迎えた。私と安藤は延び延びになった1581年の安土城にようやくたどり着いた。船橋君もさぞかし怒っていることだろう。信長公は本能寺の変の経緯を船橋君から聞かされ、裏で画策していた秀吉と光秀はもう戦国の世にはいないそうである。これで現代への波紋が気になるところだ。いまのところその気配はない。その確認のため私と安藤は現代の状況把握のため遅れたという事だ。船橋君には昨年も家内へのお気遣いでなにかとお世話になった。銀座のマネキン嬢たちも安土城に行きたいとの希望もあり連れて行く羽目になる。さぞかし賑やかな新年の宴になるだろう。昨日はまた長い夢を見てしまった。
安土城天守閣大広間にて>
「おっ、こちらはどなた方の面々であるか」
「信長公、長い間ご無礼をいたしておりました。中山と安藤でござる。21世紀からはせ参じました。船橋殿はお元気で・・・」
「であるか・・・。船橋殿は城下で飲み歩いておるわ。おぬしらがなかなか来ぬのでな。いや、そりゃ元気でおるぞ」
「ハッピー ニューイヤー、ノブナガ ドノ。オバマデ ゴザル」
「お、黒い白人じゃな。TPPで未来の日本を乗っ取るというのは、ほんとうなのか?もうしてみよ・・・」
「ソンナ セッショウナ。ナイショ、ナイショ、ナイショノ ハナシハ、アノネノネ、デゴザル・・・。911 モ フセイン モ ビン・ラディン モ アメリカノ ウソデゴザルヨ。カンニン、カンニン。イスラムコク モ ウラデ アヤツッテ イルンデヨ・・・」
「須脳電、なんとか言ったらどうなんでぇ。今光東にはつつぬけだぁ。てめぇが、バラす前にばらされちゃぁ、商売あがったりじゃぁねぇのかい?」
「バグダディ ハ ハマスノ シュッシン。ダカラ、ペンタゴンハ ミエミエナワケヨ」
安倍氏が韓国に行ったそうだな。慰安婦の少女像撤去の前提で口約束を取り付けたか。口約束などあてには成りはせぬぞ。戦国では、当たり前の事だわな。衆参W選挙では大勝どころか過半数割れじゃな。」
「信長公にはそれが見えるのでござるか」
「歴史の波紋、と言う分けじゃ、安倍チャンには簡単に天下布武など出来はせぬ」
「未来のマスコミは安倍チャンに○○タマ握られてマスからなぁ。しゃぁないでですわ」
「安藤の言うとおりだな、ここは俺たちだけの秘密に・・・」
「あたいたちには、秘密にできないわよ・・・」
「サトミにカオル、サトミ、ユキちゃんじゃないか・・・」
「どうしてここに」
船橋さん、中さん達が連れてきてくれたの・・・」
「安藤、中山、待ちくたびれたよ。21世紀の東京はどうだ。波紋はあったか?」
「まだわかりません。バックツゥー フューチャー2みたいにはなってないです」
「そのうち、何かあるかもな・・・」
「それはそうと、泊林研二郎氏がこちらにいるとか・・・」
「信長公の手伝いをしている。五輪のトラウマが消えないそうだ。ボク、パクッテマセン、と一点張りなんだよ・・・」
「ザハさんも大変だわね。勝手に中止されて、このまま黙って引き下がるのかしらん。あたいの感だと新国立は完成しないんじゃない?だって、決定した根拠は曖昧だし、著作権の侵害もあり得るわ」
「クロ、そこの人形姫達に何か馳走せよ」
「黒人が蘭丸と一緒に信長公に使えているよ。聞いてはいたが、本当だったとはな・・」
「ついでに人形姫達をワシの側室にさせよ。こんなカワユイ姫は見たことが無い。生まれる子はさぞかしカワユウであろうな・・・」
「てヤンデェ、将軍、マネキンに子供が出来るわけがねぇだろう」
「クロ、この坊主の首をハネよ」
「ワタシニハ デキマセン」
「どうしてなのじゃ、ワシはこの国の大王なるぞ」
「アイエスに頼んでみます・・・」
「21世紀に行くのは許せん。そこまでしなくともよいわ。しょうがない、許す・・・。しかし、21世紀の地球は棲みにくいようじゃのぅ。であるから徳川殿、鎖国はもってのほかじゃ。江戸に幕府を作るのは辞めて、蝦夷地にせよ。そうすれば、日本国は安土と函館という二つの政府が出来る。明治維新日中戦争も太平洋戦争も原爆も日韓併合もなくなる。未来永劫平和な世界とニッポンが出来る・・・」

戦国の世でも現代でも平和を考えることは同じと言うことか。。。
この日我らは信長公の奥の深さに酔いしれていた。。。。

 

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0008

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0008…「それでもバイデン(ハリス)が勝つ決定的理由」

 

 2019年の終わり頃から中国の武漢地域から端を発した新型コロナウイルスの拡散は2020年が明けて未だに止まる気配がない。全世界では今年の9月に至っては感染者数3000万人、死者100万人も軽く通過するに違いない。2020年8月28日、日本の首相である安倍晋三氏が病気を理由に二度目の突然の辞任を発表した。これまでの彼の政策については疑問符のつくものが多かったが、以前の民主党の決められない政治形態に比べれば、是非はともかく、わかりやすく一定の評価はあってもいいだろうと考える。しかし、官邸の私物化と忖度の悪用の数々は自ら彼の首を絞める事となった。森友・加計学園問題でも逃げの一手に徹してしまったのは残念だ。アベノミクスの三本の矢は完全に折れてしまった。安倍氏は就任当初から憲法改正で九条の自衛隊明記にこだわった。裁判所が自衛隊違憲であるという事に対しての反発心が大きかったのは察して余りある。しかし日本国憲法自体を論ずるのには相当な覚悟があってしかるべきだったが、彼にはそういう盤石な命がけの理念はあまり感じなかった。敗戦国である戦後日本の立場をもっと思念すべきであったと思う。この先彼の後を継ぐリーダーはどういう道筋で日本という国を導いていくのだろうか。個人的にははっきり言って、誰が日本の首相になろうが、米国大統領選がどうなろうが、そんなことはどうでもいいことだ。要するに、世界の各国リーダーが時代を良い方向に導いてくれればいいだけの話なのだ。ロシアのプーチン氏と中国の習近平氏は米国のリーダーとはトライアングルの相関的構図を成している。

 とりわけ、2020年11月の大統領選の結果如何では、日本にとっては良か悪いか運命は変わってくる。日本の自民党と米国の共和党とは相性は悪くない。民主党はかなり手強いので日本としては決めてかかることが肝要だ。今後の日本のリーダーは我が道をゆく構えを示さないと世界から取り残されるに違いない。現日本国憲法を強力な不戦の武器にする手立てはいくらでもある。イージス・アショアがだめになったから、敵基地攻撃能力を有するとは言ってはいるが、為政者は言葉を慎むべきだと思う。なぜなら未だに日本は国際連合常任理事国側の都合で、いつ攻撃されても良いという敵国条項の立ち位置にいることは肝に銘じておくべきだからだ。戦後日本は彼らの手のひらにあり、勝手に専守防衛(正当防衛)の域を逸脱してはいけないのである。共和党ロナルド・レーガン大統領やジョージ・ブッシュ大統領との関係は日本にとっては、まことにやりやすい間柄だった。ジミー・カータービル・クリントン民主党政権下では日本は辛酸を飲まされたことへのリベンジがある。1980年代は日本の半導体やコンピューター産業への起死回生のチャンスでもあったが、日本の純国産基本ソフトであるTron-OSが、米国のスーパー301条に引っかかり、訴えられてしまい我が国のTronビジネスは事実上消滅させられた。その後、WindowsやアップルがIT利権を手にして、今の規模になった経緯があることは、忘れてはならない。ジョー・バイデンが勝とうがトランプが勝とうが、知ったことではないが、日本にとっては対中や対韓、対朝関係に影響を及ぼす懸念は拭えない。

2020年の米国大統領選は、ジョー・バイデン(ハリス)陣営に幸運をもたらすだろう。その理由を下記に示しておく。

  • トランプ氏が相手の不安を呷り恫喝する戦略は、セクショナリズムの増福を招き、分断をさらに助長する恐れがある。その戦略は民衆には飽きられている。イランとの核合意を勝手に辞めてしまった。
  • トランプ氏の人種差別への対応が余りにもお粗末で、解決への道筋が見えていない。
  • 2016年での隠れトランプ票が、反トランプ票に動いている。大統領選ではバイデン氏は主役ではなく、カマラ・ハリス氏VSトランプ現役大統領の一騎打ちと見ていいだろう。
  • ホワイトハウス新型コロナウイルスへの初動ミスが、多くの犠牲を生み続けている。
  • ホワイトハウスイスラエルへの肩入れがパレスチナへの憎悪を招いている。
  • 中国への対抗意識が岩盤支持層に訴えるも必ずしも盤石ではない。
  • 共和党の中にもバイデン支持が出てきており、ラスト・ベルトには雇用が生まれなかった。