ジャーナリズムランキング

仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。<潮流戯画手帖>

2021年二度目の夏の敗戦

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0036…『2021年二度目の夏の敗戦』

 

 2021年東京オリンピック開催まで残すところあと約一ヶ月と迫った。東京都をはじめ国内でのCOVID-19の新規感染者数も高止まりが続いているが、緊急事態宣言状況下でのオリンピック強行開催は日本の戦前の大本営の国民洗脳戦略と酷似している。徹底した無観客開催でもアスリートの感染や犠牲の可能性は排除できない。第二次大戦中での国民への戦況の虚偽報告や戦地の状況を無視した悲劇のインパール大作戦、全国全ての都市への米軍爆撃機の被害の過小報告、ポツダム宣言無視政策などは歴史が証明している。COVID-19は戦争そのものを表している。まさに大本営は自業自得で日本や周辺国を巻き込んで第二次大戦で壊滅した。現在の朝日新聞をはじめとする大手新聞社は戦前では体制側を擁護し極右思想で戦意高揚に徹していた。日本の国体は100年前の法律が未だに現存している事からでも戦前と変わらない。マスメディアの姿勢も戦前と同じだ。それがCOVID-19感染対策への遅れに深く関わっていると私は見ている。開戦前、内閣府にあたる企画院が官民のシンクタンクである「総力戦研究所」を創設し、米国との戦争を開始したらどういう結果になるかシミュレーションをたてさせた。しかしその答えには戦慄の終末が描かれていた。現実でもその過程は歴史が示すとおりとなり日本は惨敗した。東条首相がシミュレーション結果をもみ消したと言われてはいるが、はたしてそうだったのだろうか。当時の昭和天皇は開戦推進派の海軍側の視点に立っていて米国に勝てそうだったら拒否はしないという考えだった。東条はアメリカとの開戦は難しいと天皇側近には進言したに違いない。彼は立場上天皇への忖度で開戦の道に進めざるを得なかった。

 2020東京オリンピックの招致プレゼンテーションで当時の安倍首相は原発汚染水のアンダーコントロール宣言を謳い、国が責任を持って安全に開催するとアナウンスした。ところが菅首相の国会答弁では国は五輪の開催者ではないという。しかし国は深く多く関わっている。なんという矛盾だろう。元都知事である猪瀬直樹氏の名著「昭和16年夏の敗戦」が再び注目されている。というのは、もはや世間ではIOCバッハ会長の「五輪の遂行にはある程度の犠牲もやむを得ない」という公式の発言が有り、しかも五輪に参加するアスリートはコロナ感染では自己責任という考えを表明したからだ。IOCと開催誘致都市との契約関係も波紋を呼び、開催都市には不利な面が多いこともわかった。主催者であるIOCは開催時での問題には責任を負わないという理不尽な面も露わになり、この先、五輪の誘致イベント合戦は開かれなくなる可能性は高い。案の定、2032年の五輪の開催都市にはIOCがオーストラリアのブリスベンを足早に決めた。2024年はパリ、2028年はロサンゼルス、と三回分をまとめてIOCが独断で決定した背景には、1)五輪の招致合戦が激しさを増し、IOC汚職がまかり通る国際組織の営利団体とになってしまった。2032年まで米国のNBCが一兆三千億円もの独占放映権を握っているが、放映権の公平な分配は生まれていないのは不条理だ。アスリート無視の視聴率至上主義は世界の批判の的になっている。2)1984年からIOCのスポーツマーケティングへの過度な依頼心がマンネリ化し五輪開催には不適格になってしまった。3)アマチュアリズムがプロスポーツの侵攻により、五輪の理念と意義に沿わなくなってきた。五輪のメダリストのブランド化は今後消滅する可能性は高い。オリンピックはアマチュアリズムという初心に帰るべきだ。

 プロスポーツ選手が五輪のメダルを狙う光景は、IOCのブラックな正体を知った一般市民の目からは不自然に見えてくるに違いない。IOC2032年の開催を持って近代五輪の終焉を迎えることになるかもしれない。おそらくCOVID-19の世界の感染者二億人、死者五百万人も2021年中には到達する。何度もいうが、このコロナの感染状況から見ても、五輪開催を強行するのは自殺行為だし、戦前の「一億総玉砕」と言うイメージが年配の方達には強くなっているに違いない。米国は最近まで日本への渡航禁止措置をしていたが、一段階下げたものの渡航再検討というレベルになっている。五輪での観客来日には多くの規制があり、かなりハードルが高い。バイデン大統領、メルケル首相、ジョンソン首相などは開会式には来日しない模様だ。マクロン大統領は2024年の開催がパリであることから来日しない訳にはいかない大義名分がある。厚生労働省の機関である国立感染症研究所が五輪開催中でも緊急事態宣言を出す可能性が高いと公表した。五輪関係者やVIPへの甘い水際対策や人流の激増が、さらなる感染拡大を引き起こし、「2021年パンデミック五輪、地獄の黙示録」という見出しで未来の世界史に記されることだろう。

 

 

 

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0036… "The second summer defeat in 2021"

 

It's almost a month left until the 2021 Tokyo Olympics. The number of new COVID-19 infections in Tokyo and other countries continues to remain high, but holding the Olympic Games under the state of emergency is very similar to Japan's prewar Imperial Headquarters national brainwashing strategy. The possibility of athlete infection and sacrifice cannot be ruled out even if the event is held thoroughly without spectators. The history of false reports of the war situation to the people during World War II, the tragic Imphal operation that ignored the situation of the battlefield, underreporting of the damage of US military bombers to all cities nationwide, the policy of ignoring the Potsdam Declaration, etc. Prove that. COVID-19 represents the war itself. The Imperial Headquarters was destroyed in World War II, involving Japan and neighboring countries on its own. Before the war, major newspaper companies such as the current Asahi Shimbun defended the regime side and devoted themselves to raising the fighting spirit with a far-right ideology. The national polity of Japan is the same as before the war, even because the law of 100 years ago still exists. The attitude of the mass media is the same as before the war. I see it as deeply related to the delay in combating COVID-19 infection. Before the start of the war, the Planning Agency, which is the Cabinet Office, established the "Soryokusen Kenkyusho", a public-private think tank, and made a simulation of what would happen if the war with the United States began. However, the answer described the end of the horror. In reality, the process was as history shows, and Japan was defeated. It is said that Prime Minister Tojo wiped out the simulation results, but was that so? At that time, Emperor Showa was from the perspective of the Navy, who promoted the war, and thought that he would not refuse if he could beat the United States. Tojo must have advised the emperor's aides that it would be difficult to open the war with the United States. He had no choice but to proceed to the beginning of the war because of his position as an emperor. At the presentation of the bid for the 2020 Tokyo Olympics, then Prime Minister Abe announced that the government would take responsibility and hold the event safely, proclaiming an under-control declaration for contaminated water from the nuclear power plant. However, according to Prime Minister Suga's response to the Diet, the country is not the organizer of the Olympics. But the country is deeply involved. What a contradiction! The famous book "Defeat in the Summer of 1945" by Naoki Inose, the former governor of Tokyo, is drawing attention again. This is because there is no longer an official statement by IOC President Bach that "there is no choice but to sacrifice some sacrifice to carry out the Olympics," and athletes participating in the Olympics have expressed the idea that they are responsible for corona infection. The contractual relationship between the IOC and the host city also caused ripples, and it was found that the host city had many disadvantages. The unreasonable aspect that the organizer, the IOC, is not responsible for the problems at the time of the event is also revealed, and it is highly possible that the Olympic Games invitation event battle will not be held in the future. Sure enough, the IOC has quickly decided on Brisbane, Australia, as the host city for the 2032 Olympics. The IOC decided on its own initiative in 2024 in Paris and in 2028 in Los Angeles. 1) The competition to bid for the Olympics intensified, and the IOC became a commercial organization of an international organization where corruption is common. It is had. Until 2032, the US NBC has exclusive broadcasting rights of 1.3 trillion yen, but it is absurd that fair distribution of broadcasting rights has not been born. Audience rating supremacy, which ignores athletes, has become the subject of global criticism. 2) Since 1984, the IOC's excessive request for sports marketing has become a rut and it has become unsuitable for holding the Olympics. 3) Amateurism is no longer in line with the philosophy and significance of the Olympics due to the invasion of professional sports. The branding of Olympic medalists is likely to disappear in the future. The Olympics should return to the original intention of amateurism. The sight of professional athletes aiming for Olympic medals must look unnatural to the eyes of the general public, who know the black identity of the IOC. The IOC may reach the end of the modern Olympics with the opening of 2032. Perhaps 200 million people infected and 5 million dead in the world of COVID-19 will reach by the end of 2021. As I say many times, even from the infection situation of this corona, it is a suicide act to force the Olympics to be held, and the image of "100 million total smashing" before the war is becoming stronger for the elderly. Must. Until recently, the United States had banned travel to Japan, but although it has been lowered by one level, it has reached the level of reconsidering travel. There are many restrictions on spectators coming to Japan at the Olympics, and the hurdles are quite high. It seems that President Biden, Chancellor Merkel, and Prime Minister Johnson will not come to Japan at the opening ceremony. President Macron has a cause that cannot be helped not to come to Japan because it will be held in Paris in 2024. The National Institute of Infectious Diseases, an organization of the Ministry of Health, Labor and Welfare, has announced that it is highly likely that it will declare a state of emergency even during the Olympics. Sweet border measures and a surge in traffic to Olympic officials and VIPs will cause further spread of infection, which will be recorded in future world history under the heading "2021 Pandemic Olympics, Apocalypse of Hell."

ネクスト・インパルス20XX(未来から日航123便を救え!)

ネクスト・インパルス20XX(NEXT IMPULSE)※全画面速度1/2推奨。

<20XX年東京五輪後の日本。航空自衛隊は極秘に人類史上初の最強G-TRON-OS採用ステルス戦闘機(心神)のタイムワープ搭載に成功していた。1985年に524人を乗せた悲劇の123便日航ジャンボ機墜落を阻止するべく立ち向かう。搭乗していた中には当時世界最高峰のTRONプロジェクト開発者十数人がいたが彼らもネクストインパルスのおかげで一命を取り止めた。そのためマイクロソフトもアップルも歴史の操作により存在しなくなっていた。G-TRONが日本の純国産基本OSとなり世界標準となる。歴史操作により日本は21世紀インターネット社会のイニシアティブを握った。1936年の226事件で逆賊の汚名を着せられ処刑された青年将校達の霊が、ブルーインパルスを引き継いだネクストインパルスの搭乗員達に乗り移り、タイムワープで1936年の2月26日での出来事も歴史操作で未来を変えてしまう。そこで彼らは新たな日本の国体を形成し、政財界のイニシアティブをとることになる。1936年を基点に彼らは500機のタイムワープ搭載の心神で過去・現在・未来の時空を自由自在に駆け巡る。昭和天皇は決起将校の上告分を認め退位に追いこまれる。皇道派が統制派を壊滅させ、世界大戦並びに日中戦争と日米開戦は回避された。ヒトラーが病死で亡くなり、エバ総統が跡を継ぎ、欧州とロシアはドイツが平和的に連邦共和国を樹立。北アメリカでは、居留地におかれていたネイティブインディアンの蜂起により、アメリカ合衆国は、ネクストインパルスの後方支援で崩壊した。日本では大日本帝国憲法は存在しなくなっていた。満州国は中国の溥儀に禅譲し、完全独立を果たし清王朝は24世紀まで永らえる。ネクストインパルスの使命は、歴史に介入することにより、よりよき文明の構築にあった。「紺碧の艦隊」を遙かに超えた壮大なシミュレーション小説、 「ネクストインパルス(NEXT IMPULSE)の奇想天外な活躍を大胆にそして縦横無尽に描く。>

○_______________ ○

This is original thing of moyurupen gate!

○_______________ ○

Moyurupen Gate&Moyurupen Gate2のYouTubeチャンネル、は仁科広嗣が三位一体メディア<ブログ・マガジン・YouTube>で展開。YouTubeの視聴と同時に公開中のブログのすべてが閲覧可能となります。公開サイトには非公開・未公開・有料・無料版等があります。SNSには参加しておりません。各サイトのタイトルは変更している場合があります。ご了承ください。 ★_______________ ★

◆Behind the story 2020tokyo(2020幻想の東京五輪狂騒曲) http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-89.html

◆Moyurupen gate Entertainments-001 https://ameblo.jp/rei87/

◆仁科広嗣の「新歴史の研究」for hatena-002 http://dreamconcept01.hatenablog.com/Seesaa the moyurupen street journal-003 http://moyurupen.seesaa.net/

◆Moyurupen Fc2-004 http://moyurujyukai.blog.fc2.com/

仁科広嗣の「新広告批評」-005 https://blog.goo.ne.jp/shinkokokuhihyo

◆仁科広嗣の「新歴史の研究」for Goo-006 https://blog.goo.ne.jp/moyurupen

◆Excite moyurupen-007 https://kandytensu.exblog.jp/

Livedoor moyurupen-008 http://blog.livedoor.jp/kandytensui/

Google moyuurpen-009 https://moyurupen.blogspot.com/

◆MS.journal foe mag2-010 https://www.mag2.com/m/0001673620

The moyurupen gate word-011 https://kandytensui.wordpress.com/

◆Moyurupen Gate-012 https://www.youtube.com/c/kandytensui/videos

◆Moyurupen Gate2-013 https://www.youtube.com/user/kura2290/videos

◆Secret of 2sisters-014(シークレットオブトゥーシスターズ) http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-88.html

◆haha ha probowler-015(母はプロボウラー

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-86.html

◆itsuwarino atsugesho-016(偽りの厚化粧)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-85.html

◆teishuku seijo-017(貞淑聖女)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-59.html

◆Secret of natsuko-018(光の追憶)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-18.html

◆Scret of driving school-019

(シークレットオブドライビングスクール)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-15.html

◆nijino yuwaku-020(虹の誘惑)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-11.html

◆Fregrance love-021(フレグランスの恋)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-9.html

◆korui no fukei-022(紅涙の風景)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-14.html

◆seikan tokumei fc2-023(生還特命日記)

http://moyurujyukai.blog.fc2.com/blog-entry-87.html

(presented by nishina hirotsugu)

2016年の米国大統領選挙ではドナルド・トランプの当選を数ヶ月前に予測し、2020年東京五輪の中止をいち早く予測し、2020年米国大統領選挙でのバイデン氏当選を的中させました。昨年末には1月5日ジョージア州上院議員決選投票では民主VS共和が50:50になると予測しました。 Nishina HirotsuguはMoyurupen GateのYoutubeチャンネルでも発信しています。

●_________________________________●

■(仁科 広嗣:にしな ひろつぐ)。

新潟県生まれ。祖父は平成天皇がお生まれになられた時、伯父と共に皇居の警備にあたっていた。近衛師団第三歩兵連隊で226事件決起部隊に参加もその後本部隊に復帰、満州スマトラを回り負傷して帰国、私が三歳の時に他界。四十七士の堀部安兵衛の生家は実家にほど近いところにある。●高校卒業後は三年間民間企業(写真関係)で従事、親からの仕送りは無理だったので入学金を貯めながら受験勉強、その後美術大学に入ると同時に、知人のデザイン株式会社の創設メンバーとなる。●幼少時より大人の雑誌小説:官能小説に読み耽る。ドラクロアの「民衆を率いる自由の女神」を観て覚醒し、裸婦の絵画制作を極めるため武蔵野美大の門をくぐる。故美術評論家坂崎乙郎氏の講義でシュール・リアリズム(幻想絵画)の世界に傾倒する。●ヌードモデル(絵画)他アルバイトをしながら学費を稼いで25歳で美大を卒業、慶應義塾で一年間哲学を学ぶ(中退)。●その後、某広告代理店(電通のライバル会社)でクリエイティブ・ディレクターを担当。30歳を機に銀座の玉屋画廊(和光ビルの裏、現在は閉鎖)で個展を開催する。同時に小説創作に目覚める。●広告代理店業界(25年間勤務)を去った後、JRA関係・メトロ新聞関係・リクルートホールディング・サウスタワーで二年間雑誌編集のスーパーバイザー、女性社長探偵社・ヘッドハンティング会社・美術出版関係・流通関係・政治団体関係など7社ほど取材を兼ね勤務。2008年から2010年まで某広告代理店の代表取締役社長に就任。●独自の歴史学的視点での評論をblog magazin・Weblogで展開中、創作小説では目下SF、ハードボイルド(主人公男性版・女性版)、歴史シミュレーション、戦争物、恋愛物他執筆中。現在、YouTube動画小説を展開中。目下、32作品のうち8作品が完成。SNSでは発信していない。ブログは13サイトを運営中です。●趣味:ものまね芸(顔・声帯模写)、ハードロック鑑賞・散策・スポーツ観戦全般・絵画鑑賞・世界の美女研究・文明の興亡研究。●尊敬する人物・作家&アーティスト:曹操エリザベス女王二世、トムクランシー、アーノルド・トインビー、安井曽太郎今東光YMO美大の先輩高橋幸宏)、ABBAMadonna、テイラー・スイフト、ボン・ジョビ、カール・ベーム。 ■<<THE NEW HISTORY EYESはスロージャーナリズムの立場で、聖域やタブーなき公平・中立の表現の自由を守る砦です。Moyurupen Gate Entertainmentsは自由な発想・憶測・推理・予測で縦横無尽に駆け巡ります。>>★youtube動画小説普及向上委員会主宰:仁科広嗣・上松由紀夫・澤田由希、倉本貴子、山本真理亜、Tom Crisis、Maria Estrogen■ ■Moyurupen GateはLINE,Facebook,twitter等のSNSでは発信しておりません。予めご了承ください。

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0035(全世界拡散仕様)

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0035…『近代オリンピックの廃止及びIOC解体論』

 

 COVID-19の世界的感染拡大の中、主催者であるIOCの正体が世界中に露呈され、取り返しの付かない状況を歴史上に記されることになった。新型コロナウイルスの蔓延拡大は大災害や戦争のレベルに相当するはずなのに、市民の生命の犠牲をいとわずに強行しようとする姿は余りにも見苦しい。地球上の各国リーダーや主要メディアも猛烈な批判を繰り返している。1984年のロス五輪以来IOCはスポーツマーケティングという商業主義的な成功により、クーベルタン男爵の五輪の理念からすっかり遠ざかってしまった。IOCと招致開催都市との不平等で一方的な契約主従関係も明らかになった。今後五輪招致に参加する都市はなくなっていくことだろう。新型コロナ感染が五輪の開催で広がり、アスリートが感染や生命の犠牲があっても自己責任の誓約書を書かせるシステムは許すべきではない。五輪を開催した都市が感染拡大を引き起こしてもIOCは免責される不条理は未来永劫消え去ることはない。損害賠償は開催国に押しつけられる可能性は排除できないが、感染が戦争レベルということになれば、不可抗力ということになり、それでも損害賠償金を開催国に負わせてしまえば、世界的な世論はIOCの解体論まで行き着くことになる。IOCの会長はこれまで、人徳が有り常識のある良識的な判断をする者と思っていた人たちにとっては、今回のコロナ禍でのIOCの立ち回りはマフィアもどきなスクリーンを見ている気がするに違いない。残念ながら日本にはトップリーダー達の器量がついて行かず、世論から乖離している議会制民主主義が現実に有り、IOCに対しては全くの無力である。五輪の大スポンサー企業やNBCにしても今こそ、五輪からの勇気ある撤退という米国の良心を世界に披露するべきだ。オリンピック村には酒類の持ち込みは許され、大量のコンドームが配布される予定だという。五輪はアスリートの為だけにあるのではない。経済復興という利権を拡大させるためにあるのではない。五輪のメダルはアスリート達や五輪関係者の生活を保障するものでもない。初心に返ったアマチュアリズムの精神に則った近代五輪の在り方を世界は追究すべきだ。アーノルド・トインビー氏が唱えた世界政府の樹立も、戦中で組織された国際連合の世界秩序の固定化でしばらく我慢しなければならない。世界はまたバラバラになった。近代五輪の誕生から廃止の歴史を私たちは証言者として心に記していくことだろう。

 

 

 

Vol.0035… "Abolition of the modern Olympics and IOC dismantling theory"

 

Amid the worldwide spread of COVID-19, the identity of the organizer, the IOC, was revealed all over the world, and the irreversible situation was recorded in history. The spread of the new coronavirus should be at the level of catastrophes and wars, but it is too unsightly to be willing to sacrifice the lives of its citizens. Leaders and major media outlets on the planet have also been criticizing fiercely. Since the Los Angeles Olympics in 1984, the commercial success of sports marketing has moved the IOC away from Baron Cubertin's Olympic philosophy. The unequal and unilateral contract master-slave relationship between the IOC and the host city was also revealed. There will be no cities participating in the bid for the Olympics in the future. A system that allows athletes to write a pledge of self-responsibility should not be allowed, even if the new corona infection spreads at the Olympics and athletes are infected or sacrifice their lives. Even if the city that hosted the Olympics causes the spread of infection, the IOC will be exempted from liability The absurdity will not disappear forever. The possibility that damages will be imposed on the host country cannot be ruled out, but if the infection is at the war level, it will be force majeure, and if the damages are still borne by the host country, global public opinion will be We will end up with the dismantling theory of the IOC. For those who previously thought that the IOC's president was a person who made sensible decisions with humanity and common sense, I feel that the IOC's turn around in this corona wreck is looking at a mafia-like screen. Must be. Unfortunately, Japan is not able to keep up with the dexterity of top leaders, and in reality there is a parliamentary democracy that deviates from public opinion, and it is completely powerless against the IOC. Even the big sponsors of the Olympics and NBC should now show the world the US conscience of courageous withdrawal from the Olympics. Alcohol is allowed to be brought into the Olympic Village, and a large number of condoms will be distributed. The Olympics aren't just for athletes. It is not intended to expand the interest of economic recovery. Olympic medals do not guarantee the lives of athletes or those involved in the Olympics. The world should pursue the ideal way of the modern Olympics in line with the spirit of amateurism that has returned to the beginning. The establishment of the World Government, which Arnold J. Toynbee advocated, must be put up for a while with the immobilization of the world order of the United Nations organized during the war. The world has fallen apart again. As witnesses, we will remember the history of the modern Olympics from its birth to its abolition.

 

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0034

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0034…『東京五輪パラ強行開催というIOC地獄の黙示録

 

 IOCトーマス・バッハ会長の「オリンピック開催のためには犠牲が必要」という発言が世界から批判の波が襲いかかっている。人類の文明の進化や人命尊重という礎の基に「平和の祭典というブランドを掲げているIOCのトップリーダーが「犠牲」発言までしても五輪を開催しなければならない事情はあるだろうが、五輪関係者や参加国の犠牲やむなし発言は、「地獄の黙示録」という負の遺産として後世に語り継がれるに違いない。IOCの収益のほとんどは放映権料収入で占めていて、しかも米国のTV局(NBC、親会社のコムキャスト)からすでに数千億円受け取っている。2032年までIOCNBCは五輪の独占放映権の契約をしているが、独占放映権の見直しは必須だろうと考える。平昌冬季五輪のジャンプ競技の決勝が、米国の視聴率を優先したために、深夜まで続いたが、選手達は凍える体で必死に競技に挑んでいた姿が今でも痛々しい。商業主義化した五輪の利権構造を変えないことには、問題は解決しないだろう。平和の祭典が地獄の断末魔と化すのを誰が許すだろうか。五輪開催前の二ヶ月前には来日を予定していたトーマス・バッハ会長だが、緊急事態宣言中の東京に足を運ばなかったのには個人的には辟易してしまった。五輪開催で犠牲を強いる心情があるのなら、命がけで(?)勇気を持って来日するべきだった。副会長のジョン・コーツ氏も強行開催というトーマス・バッハ会長との鉄壁な上から目線での発言を繰り返している。日本政府やオリンピック関係者がCOVID-19感染の状況を意図的に情報捜査し、「悲劇的五輪」が終わるまでつじつまを合わせていく可能性はある。勘ぐればキリが無いが東京都の感染者状況の発表を午後三時から午後五時近くまで遅らせたのには、そういう開催者側の論理への忖度があるかもしれない。これも主催者側の狡猾なプロパガンダの一環とみられても致し方がない。高齢者へのワクチンの集団接種が始まったが、オリンピック終了までにはとても終わりそうもない。台湾でも感染が急激に拡大している。日本でもこの先、パンデミックがどうなるか予測がつかない。米国ではCDCが米国人の日本への渡航を禁止にした。それでも五輪開催を強行するというのはどういうことなのだろうか。在日米軍が日本に駐留して75年、イギリスの空母や今でも太平洋で多くの植民地を有するフランス軍も日本列島に集結するという異常事態となった。これは要するに戦後の国際連合常任理事国である中国・ロシア・米国・英国・仏国の世界の支配秩序を再確認するだけのパフォーマンスにしか見えない。IOCも国連もそろそろ組織の維持に限界が来ている証拠だ。日本はただただ国連の敵国条項に記載されているだけの国連への隷属的なポジションにあることは確かだ。故に日本はもっと世界から信頼されるべく、常任理事国に忖度のない政の重責が課せられている。ワクチン外交が政治的な道具に利用されているが、勇気ある五輪撤退の決意も選択肢にあると言う覚悟をもつ指導者も見当たらない今、日本の国民は諦めるしかないのだろうか。もはや、日本の国民は外圧を介入させてよりよい選択肢を選ばなければならなくなった。COVID-19感染での緩すぎる水際対策。日本の安易な検疫システムが今後どういう状況を生むか想像できない日本政府のふがいなさには呆れるばかりだ。

 

 

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0034 ... "Apocalypse Now of the IOC's hell of holding the Tokyo Olympics Para Force"

 

IOC President Thomas Bach's remark that "sacrifice is necessary to hold the Olympics" is being criticized from all over the world. Based on the foundation of the evolution of human civilization and respect for human life, "There may be circumstances in which the top IOC leader, who holds the brand of Peace Festival, must hold the Olympics even if he makes a" sacrifice "statement. The sacrificial remarks of the people involved in the Olympics and the participating countries must be handed down to posterity as a negative legacy of "Apocalypse Now." Most of the IOC's revenue comes from broadcasting rights, and it has already received hundreds of billions of yen from US TV stations (NBC, its parent company Comcast). Until 2032, the IOC and NBC have contracted for exclusive broadcasting rights for the Olympics, but I think it will be essential to review the exclusive broadcasting rights. The final of the Pyeongchang Winter Olympics jumping competition continued until midnight because the audience rating of the United States was prioritized, but it is still painful to see the athletes desperately challenging the competition with their frozen bodies. The problem will not be solved without changing the concession structure of the commercialized Olympics. Who will allow the celebration of peace to turn into the devil of hell? Chairman Thomas Bach, who was planning to come to Japan two months before the Olympics, was personally frustrated that he did not visit Tokyo during the state of emergency. He should have had the courage to come to Japan at the risk of his life (?) If he had the feeling of being forced to sacrifice at the Olympics. Vice Chairman John Coates has also repeatedly made remarks from the top of the iron wall with Chairman Thomas Bach that he will hold a forced event. It is possible that the Japanese government and Olympic officials will deliberately investigate the status of COVID-19 infection and keep pace until the end of the "Tragedy Olympics." If you think about it, there is no end to it, but the reason why the announcement of the status of infected people in Tokyo was delayed from 3:00 pm to around 5:00 pm may be due to the logic of the organizer. It can't be helped if this is also seen as part of the cunning propaganda of the organizer. Mass vaccination of the elderly has begun, but it is unlikely to end by the end of the Olympics. Infection is spreading rapidly in Taiwan as well. Even in Japan, it is unpredictable what will happen to the pandemic in the future. In the United States, the CDC has banned Americans from traveling to Japan. But what does it mean to force the Olympics to be held? In 1975, when the U.S. Forces Japan was stationed in Japan, the British aircraft carrier and the French army, which still has many colonies in the Pacific Ocean, also gathered in the Japanese archipelago. In short, this seems to be a performance that only reaffirms the order of control of the world of China, Russia, the United States, the United Kingdom, and France, which are permanent members of the United Nations after the war. Both the IOC and the United Nations are proof that the maintenance of the organization is about to reach its limits. It is certain that Japan is in a slavery position to the United Nations, which is merely stated in the UN Enemy State Clause. Therefore, in order for Japan to be more trusted by the world, the permanent members of the Security Council are subject to the heavy burden of political affairs. Vaccine diplomacy is being used as a political tool, but now that there are no leaders who are not prepared to say that the courageous determination to withdraw from the Olympics is an option, will the Japanese people have no choice but to give up? The Japanese people no longer have to intervene in external pressure to choose better options. Too loose border measures against COVID-19 infection. I am just amazed at the uncertainties of the Japanese government, who cannot imagine what kind of situation Japan's easy quarantine system will create in the future.