ジャーナリズムランキング

加地鳴海の天正戦国小姓の令和見聞録(hatena version)

人類の歴史を戦国の小姓の視点で深く追究していきます。

2018-03-01から1ヶ月間の記事一覧

Moyurupen!最新時事評論

2020東京五輪のボランティア募集の内容が公表されたが、十一万人は目標が大きすぎる。地方からの交通費や大会中での宿泊費が自己負担では、集まる人数は限られるのではないだろうか。新国立競技場では真夏開催での冷房が装備されておらず、酷暑のなか熱…

安倍官邸の大政奉還

森友学園の8億円よりも規模がかなり大きい加計学園の疑惑のほうに、 今後目が向けられる公算が大きいといえる。 安倍三選どころか会期中総辞職の方が可能性は高い。 佐川氏の証人喚問は、刑事訴追の恐れが云々という、 籠池氏と同じような証言が予想されるけ…

ビジョンン無き2020東京五輪

19世紀の普仏戦争でフランスが敗れ、クーベルタン氏が反戦と平和をスポーツ大会開催によって推進したいという、政治的な思惑で、近代五輪が始まったが、政治運動として始まった五輪を政治が利用するのは避けられないようだ。それが当然だとも言える。五輪の…

21世紀新三国志時代

歴史は繰り返されるとよく言われますが、 人間は体現した人だけにしか教訓が活きないということでしょう。 いま世界は、華・美(中国では米国のことを美国という)・露の 三大国のパワーバランスのうえに成り立っているのは間違いない。 倭の国、日本は一時世…