仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。

Vol.0012... "mission inn and POSSHISHIBURU of a top leader in the 21st century"

Vol.0012... "mission inn and POSSHISHIBURU of a top leader in the 21st century" It's so a lot that a student of history who has the interest in the ability of the top leader who rules an empire and various countries and the person who part…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0012

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0012…「21世紀トップリーダーのミッション・イン・ポッシシブル」 帝国や諸国を治めるトップリーダーの器量に関心を寄せる歴史学者や現役の権力に携わる人は数え切れない程多いが、模範となり得る…

プロフィールを更新いたしました。

■(仁科 広嗣:にしな ひろつぐ)。 ○I give you nice life and good future○Moyurupen Gate Entertainments Perfect Tours○_______________ ○Moyurupen Gate&Moyurupen Gate2のYouTubeチャンネル、は仁科広嗣が三位一体メディア<ブログ・…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0011

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0011…「史書に記される倭国の総裁選2020」 自由民主党の総裁選が緊急事態での対応で、両院議員総会394票+地方党員141票(フルスペックでは394票)で行われることになった。その理由は説明がなされ…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0010

TNE NEW HISTORY EYES STRONG PERFECT TOURS THE NEW HISTORY EYESPresented by hirotsugu nishina Vol.0010…「風雲永田城、菅新総理が一年間職務を遂行する決定的な理由」 安倍首相が辞任を表明したとたん、総裁選への意欲をもつ候補がゾロゾロと出始めては…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0009

THE NEW HISTORY EYESPresented by hirotsugu nishina Vol.0009…「2015年、戦国時代からの提言」 美智子夫人から家内に電話があった。みどり君が今年の五輪開催地リオディジャネイロに舛添知事らと下見にいくことになったらしいのだ。スタジアムの建設の進み…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0008

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0008…「それでもバイデン(ハリス)が勝つ決定的理由」 2019年の終わり頃から中国の武漢地域から端を発した新型コロナウイルスの拡散は2020年が明けて未だに止まる気配がない。全世界では今年の9月…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0007

Moyurupen Gate Entertainments perfect Tours THE NEW HISTORY EYESPresented by hirotsugu nishina Vol.0007…「広告代理店不要不急の時代」 「米国広告業界事情。報酬制度見直しの動き広まる」。米国のコカ・コーラ社は年間の広告予算30億ドル(3000億円)の…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0006

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0006…「トップリーダーの責任と身の施し方」 日本国内において毎年8月15日は太平洋戦争の終戦(敗戦)記念日だが、侵略された東南アジア諸国にとっては戦勝記念日となる。終戦記念日での式典では安…

kurosawa'ran'Last

KUROSAWA'RAN'-01

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0005

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0005…「未だに続く人類の大航海時代」 二十一世紀になりその九月には世界同時多発テロ、いわゆる911が発生した。警備が厳重の米国で四カ所同時に飛行機でのテロ事件というのは、余りにも出来過…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0004

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0004…「昭和天皇の遅すぎた御聖断」 毎年8月15日は誰もが自問自答する日だ。戦勝国も敗戦国も。あの無益な戦争はなんだったんろうかと思う。国家間で争うのは避けたいと思う人がほとんどだとは思う…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0003

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0003…「日航123便と日米間基本OS戦争の相違関係」 1985年の8月12日の夕方、私は国分寺の知人宅で夕食をとっていた。突然山梨方面からのけたたましい轟音が三多摩にも響き渡っていたのを今でもよく…

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0002

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0002…「日本のアイデンティティ2020」 戦後敗戦した日本に対して歴史認識をもてとアジア諸国は叱責するが、それを言うなら北朝鮮・韓国・中国は663年の白村江の戦いの歴史をしばし振り返るべきだと…

THE NEW HISTORY EYES

THE NEW HISTORY EYES Presented by hirotsugu nishina Vol.0001…「リーダー不在の世紀」 ドナルド・トランプ大統領の裏には親中派のキッシンジャー氏が後見人のような立ち位置にいるのは誰もが知っている。米国と中華人民共和国が果てのない目先の損得勘定…

Moyurupen Gate perfect tours

[http://:title]

Behind the story 2020tokyoを書き終えて。

moyurujyukai.blog.fc2.com ________________________ ※Behind the Story 2020tokyoを書き終えて。 2020年7月23日をもって終了しました。2015年から記事更新を続けましたが、2020東京五輪は幻に終わりました。来年の開催も難しい状…

Behind the story 2020tokyo:エピローグ

<第二十一章:エピローグ> 2020年7月22日現在、新型コロナウイルスの世界の感染者数が1500万人に迫り、死者は60万人にもなった。本来ならば、翌日の23日は2020東京五輪の開会式が行われるはずだった。世界の製薬会社や大学などでのワクチン開発競争は盛ん…

nishina hirotsugu moyurupen gate entertainments

「生還特命日記」<個人再生最強心得帖>

「生還特命日記」<個人再生最強心得帖> 人間の仮面の裏には空恐ろしい本能の世界がある。一般的には裕福な家柄で育ったお嬢様育ちは温厚で淑やかで気品あるイメージがあるが、精神的にどん底に陥ったときとか、切羽詰まった経済状況に遭遇したときとか、怒…

Moyurupen Gate 2020

Behind the story 2020tokyo-20-7

<第二十章:その七> 新型コロナウイルスの拡散が止まらない。Behind The Story 2020Tokyoの連載が進むにつれ日を追うごとに感染が拡大している。とくに、医療体制が整っていないアフリカ大陸の今後の感染の予測を見るとおよそ数千万人の感染者が出るとのこ…

Behind the story 2020tokyo-20-1~6

■「初めて読まれる方へ」■ この小説はノンフィクションでありながらフィクションの要素がふんだんに入っている。時代への諫言と提言、そして娯楽性との均衡を意識しながらのエンターテインメント・ストーリーである。 <ストーリー展開> 小学生時代からの幼…

Behind the story 2020tokyo-20-1-5

■「初めて読まれる方へ」■ この小説はノンフィクションでありながらフィクションの要素がふんだんに入っている。時代への諫言と提言、そして娯楽性との均衡を意識しながらのエンターテインメント・ストーリーである。 <ストーリー展開> 小学生時代からの幼…

志村けんさんの密空間。

新型コロナウイルスの感染が日増しに拡大している。世界での感染者数が100万人を超えるのは時間の問題だ。感染発祥の地、中国当局は情報操作で少なめの感染状況を公表しているようだが、本当の感染者数と死亡者数はわからない。 2月の下旬に銀座八丁目のクラ…

Behind the story 2020tokyo-20-3,20-4

<第二十章:その三> 武漢でのウイルス研究所から実験済みの動物が海鮮市場に持ち出され、それ以後拡散されたという見方は正しいのかそうではないのか真偽の程はわからないが、真相が究明されない限り、各方面の憶測や推理・観測などで進むしかない。安倍官…

Behind the story 2020tokyo-20-2

■「初めて読まれる方へ」■ この小説はノンフィクションでありながらフィクションの要素がふんだんに入っています。時代への諫言と提言、そして娯楽性との均衡を意識しながらのストーリーであることをお伝えしておきます。<ストーリー展開>小学生時代からの…

Behind the story 2020tokyo-20-1

■「初めて読まれる方へ」■ この小説はノンフィクションでありながらフィクションの要素がふんだんに入っています。時代への諫言と提言、そして娯楽性との均衡を意識しながらのストーリーであることをお伝えしておきます。 <ストーリー展開>小学生時代から…

Behind the story 2020tokyo-19-5

<第十九章:その五> 武漢肺炎の感染は日を追うごとに拡大の一途を辿っている。3月1日の東京マラソンはMGCの意味合いもあり、ウイルス拡散の懸念から一般参加は中止となった。選手だけの無観客レースとなる。参加料金はもどってこないようだが今後大きな問…