ジャーナリズムランキング

加地鳴海の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

「THE NEW HISTORY EYES」は人類の歴史を360℃視点で深く追究していきます。    <潮流戯画手帖>

「○○○~○○の○」&日本の武士、西班牙艦隊の撃沈

 

謹啓

 

YouTubeweblogご来行者殿 

 

皆様方にはいつも来行頂きかたじけのうござりまする。 

 

華太瑠での全世界蹴球試合では

日の本の武士達が西班牙艦隊を撃沈したと

聞き及んでおりまする。

これで天下への道筋が見えきてござります。

領民は皆歓喜をいたしてござる。。。

 

ブログ、三作目「御館の乱最終決戦」(仮題)の記事では

此度は千百二十を数えるご貴人からの多くの「いいね」を賜り恐悦至極に存じ奉りまする。

私儀、実を申せば三作とも以前から構想をもったまま、

放っておいたのでござりまするが、 

令和四年の七月から十月の間に、ある日何気なくふと思いつきまして、

急にどなたかに押されるがままに三作目を書き上げたものでござりまする。

目下推敲中にて土中に埋めており、九十枚もの書状の嫁ぎ先は決めておりませぬ。

令和五年には何らかの形で皆様にお見せ出来ると存じますので、

何とぞ今しばらくお待ち下さりますよう御了承の程お願い奉りまする。 

小説の相関図・構想・タイトル・本文につきましては、

諸般の事情により年が明けるまでお教え出来ませぬ。 

命掛けでの推敲、加筆、修正、削除、相関図の洗い直し、

ストーリーの整合性、 時代考証の再確認と架空設定の見直しなどで、 

数枚の原稿枚数が増える状況です故、

今年いっぱいの戦いとなりましょう・・・。

尚、2023年には、 道満丸様が現代に訪れる世直しの物語を

取りそろえております故、

皆々様にはしかとお気にお留め頂きたくお願い申し奉ります。

この日の本にも八つ目の大きな波が押し寄せてくるやも知れませぬ。

疫病・コロナ感染禍がまた押し寄せておりまする。

努々油断はなりませぬぞ。

行通行事、関東五輪の利権汚職などには惑わされず、 

日々の生活には十分お気をつけ下さりまするようお祈りいたしておりまする。

宇暗名や露西亜の合戦は年を越しても和睦の交渉は目処も立ちませぬ。

先住民族を追いやった亜米利加での領民における陣地の奪い合いの結果如何では、

世界と露西亜の政にも類が及ぶやも知れませぬ。

和魂和才を放棄し洋魂洋才への際限なき文化の許容の御陰で、

日の本や朝鮮半島での派郎有陰で多くの方が身罷られました。

今、多くの国の政が乱れておりまする。

我が日の本では、

戦後の皇室国体維持と無条件降伏によるねじれた社会構造が 

令和領民の生活を圧迫しておりまする。

天下に号令をかける尾屋形様なき日の本の行方はこれからどうなりましょうや。

諸外国の不正義な神の教えによる日の本の領民からの金銀剥奪は 

決して許してはなりませぬ。

悪徳と不条理な行いを繰り返す臣従の輩は、 

排除いたさねばなりませぬが、

領民の結束と良識に期待するしかござりませぬ。

日の本はボツワナ並みの最貧国になる日は近うござりまする。

「天下布富」の名の下、

我ら領民は助け合って背水の陣から盛り返さなければばなりませぬ。

義と正直者が世を制する日がくることを祈りながら、

皆様にはくれぐれもお体ご自愛くださいまするよう

お祈り申し上げ奉りまする。   

                    敬白                         

小姓 加地鳴海 

 

○___________________○ 

 

(御館の乱10年戦争、道満丸の最終決戦) 

◆ヒント:毘沙門堂、詔、鳴海院、女武者姿、凜姫、青苧、鳴海金山、源太、勘五郎、

垂水源二郎、重家、新潟城、阿賀野川決戦、勝頼、秀綱、鳴海御前、華御前、道満丸、

野斜丸、柘榴姫、茉莉花姫、服部正成、半蔵、伊賀、甲賀、信玄、謙信、三郎景虎

景勝、安田、堀江、明智、信長、秀吉、新潟城、阿賀北衆、義輝、蔵田、

秀吉、加地城、新発田城、五十公野城、春日山城、七ヶ尾城、手取川

小田原城、兼続、菊姫溝口秀勝天下布武、天下布義、最終決戦・・・。 

○___________________○

※執筆の公開進捗状況 ●2023年1月完成予定、

目下全五章:30,000字(90枚程度)推敲及び加筆訂正中。

●作品では会話が80%ほどを占めています。

○___________________○

1)○○○顛末記 

2)○○○武芸手帖 

3)○○院~○○の○○○のり(めちゃくちゃな加筆訂正&永遠に続く推敲進行中)

 ★2022年は上記三作品を書き上げました。  

詳細は2023年に公開予定ですが、 

目下諸事情によりマスメディア・ブログ・ブログマガジン等の  

いずれになるかは分かりません。