The Moyurupen Street Journal for hatena

現代文明を震撼させ人々の六感を覚醒させる仁科広嗣のブログです。元広告代理店クリエイティブディレクター

Behind the story 2020tokyo-18-4<濃姫の代役に川口春奈>

<第十八章:その四>

 

 令和天皇・皇后の儀式もようやく終わったが、永田町界隈では「桜を見る会」騒動で政治のレームダック化がどんどん加速している。内閣府が主導して開催したイベントは地政学的にも権力側が有利に政を行える利点をものの見事に悪用した一件で、日本国全体の不安要素を助長する深刻な道徳観の崩壊を意味している。森友・加計学園問題からはじまり、PKO日誌の隠蔽工作や議員の不祥事が後を絶たないのはどうしてなのか。どうやら官邸の私物化は安倍政権にとってはなくてはならないツールと化している。官邸の堂々としたアンフェア主義が正しい日本の道徳を破壊しているのは明らかだ。日本はもはや法治国家の域を大きくはみ出している。総理の在日数も11月20日で憲政史上最長となったが、この7年にも及んだ安倍政権は今後別の政権となったとき、国民の記憶や歴史からかき消される可能性はなくもない。政府や官僚が公文書を堂々と破棄するくらいだから、担当政権の行いもすべて破棄されたとしても誰も文句は言えないことになる。そのくらい、公文書というのは神聖なものであり、公僕の書類は厳重に取り扱うべきものなのだ。次世代の政権ではもっと過激な保守の政を行い、ヒトラーのような独裁政権が誕生したとき、官邸主導の私的な扱いがもっと悪用されるに違いない。日本の国民は半数が投票を棄権する。その結果圧政で虐げられることがあっても、もはやあきらめるしかないだろう。はたして解決方法はあるのだろうか。それは自業自得ともいえる投票棄権を見直し積極的な国政への関心を抱く以外にないようにも思える。自分はもう生きてはいないが、今世紀中に日本が共和国制になるのもそう遠くはなさそうだ。日本という国が存在していればの話だが、今のままだと消滅の懸念は消えない。人間というのは一度権力のトップに居座るとその居心地の良さから離れられず、政の全体像を捉えられなくなり、誤った判断と偏向的な理念を自分に植え付け、さらなる権力のうま味を追い続ける習性をもつ動物といえる。そこに有権者の関心が薄れてくれば、権力側はますます偏向的な政に走るという道を歩むに違いない。日本でのまともな二大政党政治の到来はこの目では見れないかもしれないが。
 米国ツアーを制覇した渋野選手の笑顔がすっかり消えているように見える。訓練された笑顔づくりは結構疲れるのかもしれない。無理をしてまでいつも笑顔で答えてくれるのはいいが、自然体で喜怒哀楽が表現でき、時には怖い顔をして怒ったシーンも見せてほしい。そうすれば、肩の力が抜け、のびのびとしたプレーが期待できるのではないだろうか。心からの笑顔が自然と湧き出てくる渋野選手の活躍を期待している。2020五輪サッカー代表の親善試合を観戦したが、日本はコロンビア戦では完封負け、ベネズエラ戦では前半から大量得点を許し、二戦とも惨敗した。コアになる選手がおらず、スター的な選手もいない。昨年のロシアWカップでは予選を勝ち抜くために、日本らしからぬ「時間稼ぎパス」を長時間敢行しかなりのブーイングがあった。他の国のチームも普段からやってるからと西野監督は判断して指示をしたのだろうが、アンフェアな采配に世界的には見苦しいの一言だった。そういう些細な試合運びの積み重ねは後々にまで伝播するものだ。案の定、「勝てさえすればいいという」精神がフェアな精神に圧力を掛けたとしか思えないプレーがチームに染みこんでいた。
 11月19日新国立競技場が完成したという報道があった。建設費はおよそ1600億円で当初は3000億円だったが、出来映えはお世辞にも世界に誇れる競技場とはとても言えない。空から見れば誰が見ても大きな便器にしか見えないし、競技場内からはどうしても圧迫感をとても感じるかもしれない。こういう空間でほんとうに世界からの観客を迎えることができるのだろうか。冷暖房の空調設備がなく、かち割りを配布するとのアナウンスがあるが、実際には場外で多数の救急車が待ち構えている光景を思い浮かべる。実際40度近い真夏の競技場はどういうものなのか全く見当が付かない。マラソンは札幌に決定したが東京と暑さはそれほど変わらない。余計に競技での被害が広がる可能性はなくはない。ZAHA案ならレガシー感はあったが、隈研吾氏の作品には、グローバル感はまったくない。
 女優の沢尻エリカさんが麻薬所持で逮捕され、ワイドショーでは連日「麒麟が来る」の濃姫役の代役捜しに躍起だが、個人的には一押しの二名がいる。1)新垣結衣、31歳、167cm、A型、乗馬も得意、時代劇でのヒロイン役に抜擢されたことがあり、お姫様役にはぴったりだ。アクの強い役も嵌まったら代役以上の評価もあるだろう。2)「あまちゃん」で有名なのん(旧能年玲奈)さん、26歳、166cm、A型、乗馬姿も絵になる、のびのびとした明るさと天真爛漫な性格は濃姫役にはぴったりだと思う。
 2019年11月21日、NHK沢尻エリカさんの濃姫の代役に、川口春奈さんを選んだ。166cm、O型、五島列島の至宝とも呼ばれ、大河は初めて。沢尻エリカさんに勝るとも劣らない美貌と個性的なキャラクターの持ち主だが、未知の魅力に期待したい。