ジャーナリズムランキング

仁科広嗣の「新歴史の研究」 ●THE NEW HISTORY EYES●

仁科広嗣の「THE NEW HISTORY EYES」は人類の史書を後世に残すミッションを帯びており、新しい視点での歴史の検証を追究していきます。<潮流戯画手帖>

THE NEW HISTORY EYES...Vol.0005

THE NEW HISTORY EYES

Presented by hirotsugu nishina

 

Vol.0005…「未だに続く人類の大航海時代

 

 二十一世紀になりその九月には世界同時多発テロ、いわゆる911が発生した。警備が厳重の米国で四カ所同時に飛行機でのテロ事件というのは、余りにも出来過ぎたシナリオであり、中東諸国のテロリストが計画していたというのは無理筋な話しでもある。旧WTSタワーの崩壊は、航空機衝突での損傷が原因ではなく、下からの爆破によるものだとの説もあるが、個人的にもそう思っている。立花隆氏も文藝春秋誌で語っていた。ペンタゴンに追突したのは航空機とされるが、残骸ではその形跡もない。とても原因を特定出来る事件ではなかったはずだ。それなのに、当時ブッシュ氏はイスラム諸国の仕業と決めつけ、演説では十字軍の戦いだという話しをしていたことを覚えている。元CIAの要員だったオサマ・ビン・ラディン氏がアフガニスタンに潜伏しテロの容疑者にされ、ブッシュ氏はアフガニスタンを徹底的に叩いた。その後、ドル決済を拒み続けていたイラクフセイン氏を、偽りの大量破壊兵器プロパガンダを掲げ、イラク全土を崩壊させた。何の罪かわからないが処刑されてしまった。オバマ政権一期目にオサマ・ビン・ラディン氏の殺害報道があったが、パキスタンの郊外で目立つ建物にかくまっていたという。襲撃した建物は全て撤去され、亡骸は水葬で処理されたとされたが、その証拠の写真は報道されていない。本物のビン・ラディン氏は2001年にとうに他界していたという情報もあるし、米国の何処かに生きている噂もある。その残党勢力がISISになったのかはよくわからない。つまるところ、中東イスラム諸国をテロ支援国家とみなし、また、色々な理由をつけて大義を捏造して軍産複合体の維持をはかり、米国に有利な政治・経済状況を形成することに成功したわけである。第一次大戦でイギリスとフランスが、中東を分割委任統治して、今日の政情不安を作りだしたことは明白である。

 要するに、いまだに十七世紀からの大航海時代は終わってはおらず、第二次大戦時で形成された国際連合の弊害も目立ってきていて、常任理事国に拒否権を与え、核兵器の所有も認めるという軍事的なアンバランスが、イランや北朝鮮の核問題を派生させていることを、私達は認識すべきと考える。トランプ氏がアフリカや南米の移民の国への侮辱発言が波紋を呼んでいる。はっきり言うが、SNSでの発信は正規のホワイトハウスからのものであるという、メディアの姿勢にも問題がある。アメリカファーストがアメリカオンリーになり、挙げ句の果ては世界でスタンドアローンになる可能性は排除出来ないところまできている。租税回避地タックスヘイブン)を国内で膨大に保持する米国。かつて七つの海を支配した大英帝国東インド会社を通じて蓄えた莫大な資産をケイマン諸島などをタックスヘイブンにしてしまい、それを正当化してしまった英国。勝手にEUを離脱し自分の国だけが難を逃れるというイギリスの姿勢や米国の自国優先は、大航海時代がいまだに終わっていない証拠と見ていいだろう。