ジャーナリズムランキング

加地鳴海の天正戦国小姓の令和見聞録(hatena version)

人類の歴史を戦国の小姓の視点で深く追究していきます。

「西暦二千二十四年、天正四百五十二年の風景」

天正戦国小姓の令和見聞録0179>

○___________________○

春日山城、鳴海幕

お屋形様:上杉道満丸景虎

見聞録検め:小姓

○___________________○

 

天正四百五十二年 壱月十二日

 

「西暦二千二十四年、天正四百五十二年の風景」

 

 天正四百五十二年の年明け早々に能登・越前地方では大地震が起きてござったが、令和幕府でも手のつけられない事態に遭遇しておる。石川県の知事は地震があった当日都内におり、その後金沢に戻り、被災地とのネットでの状況把握に努めていたそうでござるが、十日以上経っても被災地の現地入りはしておらぬというではないか。通信に不具合が長く続いておっても、県のトップならば名前の通りすぐさま馳せ参じるのが正道というものでござろうて。そうすれば領民は少しでも慰められ、生きてゆく勇気や希望が持てるはずなのじゃ。一体彼はそれまで何をしておったのじゃろうか。まさか新年会三昧でもあるまいが、十三日に岸田殿と一緒に被災地入りとはどう見ても遅すぎるではないか。首長がまず先陣を切っていくのが筋でござろう。被災地では今でも多くの孤立した領民や不自由な避難所で寒さと飢えを凌いでおると言うのにでござる。無念にも避難生活で亡くなられた領民も多くなってきておる。馳殿は自治体の首長としてはまったく不適格でござろう。

 ましてや永田城の砦の役人同士の確執で領民の救助には初動から人の道にから越脱しておる。お屋形様も大層お怒りでござる。明日への見通しも定まらぬ被災地の民は為政者達のキックバック騒動にはあきれかえって物が言えないどころか、日の本の未来に全く期待が出来ない心情でござろう。うわべだけの政で歴史が動くのであればこれほど不条理なことはござらぬ。日の本や世界の民が皆ディスパレートな行動を起こせば地球文明は終わりでござる。拙者は戦国の世に戻れば良いが、そなた達は、これからどう生きて行くか羅針盤を作らなくてはならぬのでござる。老婆や老爺の為政者には日の本は任せてはおけぬとお屋形は仰せじゃ。

 今年は1)「能登半島の大地震」や2)「海保機との衝突でJAL機からの奇跡の脱出劇」で始まったが、忘れてはならぬのは領民の命を守るという3)「紙の健康保険証の撤廃」が中止あるいは延長・撤廃の必要があるという事じゃ。能登半島の震災の被災にはマイナンバーカードの使用をと呼びかけるデジタル庁の大臣は誰じゃ。電気もガスも水も通信もダメなら、一体被災者たちの健康は誰が守ってくれるのじゃろうか。アナログしかなかろう。何でもかんでもデジタルでと言う妄想は捨てねばならぬ。これでは、国の状況の空気を読めない世襲議員である庁の責任者は即刻首でござろう。震災や戦争時、異常気象での通信障害などでのデジタル行政が殲滅化することでござる。亜米利加の手のひらで泳ぐ日の本のデジタルの脆弱化の原因は純国産の基本OSが存在しないことでござる。中国ですら基本OSを持っているのじゃ。日の本の当時の役人達は、スーパー301条でトロン-Bの商用ソフトを亜米利加から圧力をかけられ、半ば強制的に譲らざるを得なくなっていた教訓を忘れてはいかぬ。アップル殿やマイクロソフト殿はその御陰で肥えていたのじゃ。令和政権の解体も時間の問題でござる。

 軒猿の報告から二千二十四年の十大ニュースではこの三つの出来事は上位不動となるとお見受け致す。プーチン殿が再選を果たし二千三十年まで政に関わることは必定じゃ。亜米利加では、無党派のロバート・F・ケネディ殿がバイデン殿とトランプ殿を差し置いて、漁夫の利で大統領の職に就くことじゃろう。イスラエル政権はこのまま行けば世界から孤立し中東の地から追い出されるかもしれぬ。ナチ政権の真似をしてジェノサイドなど強行するからじゃ。ウクライナでは汚職の蔓延と西側の支援疲れで、露西亜との停戦が領土分割などでなされることは必定じゃ。

 ドジャースの大谷殿や山本殿は契約に見合わぬ不振が続くと毘沙門天様のお告げがござった。金子を多くはたいて球団を補強してもチームワークの競技では成功するとは限らぬ。阪神タイガースは突出した選手がいなくても日の本一の球団になったのじゃ。エンゼルス球団はもぬけの殻と思ってはならぬ。瀕して窮しなければ大事は成し得ぬものと心得よ。それは戦国の世の常でござれば。

 巴里五輪では、でられれば山下一貴殿がマラソンでメダルを取るかも知れぬ。女子マラソンでは、でられれば細田あい殿が入賞以上の成績を収められるかも知れぬ。岸田殿は総理の職を解かれ、新しい総理には茂木殿か林殿、もしくは髙市殿がふさわしく思える。

○___________________○