ジャーナリズムランキング

加地鳴海の天正戦国小姓の令和見聞録(hatena version)

人類の歴史を戦国の小姓の視点で深く追究していきます。

「正真正銘の男女の考察とジェンダー論議」

天正戦国小姓の令和見聞録0182>

○___________________○

春日山城、鳴海幕

お屋形様:上杉道満丸景虎

見聞録検め:小姓

○___________________○

 

天正四百五十二年 壱月十六日

 

 「正真正銘の男女の考察とジェンダー論議

 

戦国の世でも令和の世でも男女の恋の年齢差にこだわるのは致し方ござらぬ。男子は女子より大人にたどり着く速さが鈍い上、井の中の蛙になる公算が大でござる。男子と女子が同じ年齢で人生を共にすると、男子の方は女子の下僕になる。初老の男子と孫くらいの娘の恋は珍しくもなんともござらぬ。人生八十年と知った場合男女の恋の年齢差は五年ほど男子の方が上の場合が多いように思われるが、男子の方が大人になる時期が女子より遅れるので其のあたりが通例にござろう。男子と女子が恋をする場合は男子の方が数倍の年齢を費やすほうが良い場合もござる。肉体的な交わりは終わればそのままでござるが、スピリチュアルの場合は年齢差など関係ないのでござる。共に妻子ある男子と夫子ある女子が恋慕うことは禁止されてはおらぬ。巡り会う時期が異なった故人生の不条理を感じる羽目になり、周囲に引け目を感じるようになるだけじゃ。巡り会った時は致し方ござらぬ。不倫道徳に暴走する覚悟が必要じゃ。市中引き回しの上獄門磔の覚悟があればそれでもよかろう。それほど慕いあっておれば誰も文句は言えぬ。M気質の拙者にはそういう状況のほうが気楽ではござるが、女子は強い方が良いに決まっておる。近頃、女子になりたいとか女子であるという思い込みで女装に走る男子が多いが、世間で男女の見境がつかなくなったらどう致すのであろうか。女子の湯船とか厠に女子と思い込んで体だけ男子である場合、正真正銘の女子達はどうみるのでござろうか。内面だけ女子の場合女子達はおそらく受け付けてはくれぬであろう。正真正銘の女子が男子の厠の掃除をしても正真正銘の男子には違和感がない。ジェンダー時代と称するなら男女は平等に扱わねばなるまい。気持ちが女子の男子が女子の厠の掃除の仕事についたら正真正銘の女子達はどう思うであろうか。正真正銘の女子になりたい男子を責めておるのではない。間違って男子に生まれてきた時は我慢するしかないのでござる。

○___________________○