The Moyurupen Street Journal for hatena

公平と正義の名の基に、時代の潮流を縦横無尽に駆け回ります。

未来の正体

「時代の潮流と未来の正体」

いつの世でもその時代での主導的立場(キーマン)の人は必ず存在する。
今現在の時代ではどうだろうか。一体誰がそれに当てはまるだろうか。
ドナルド・トランプ氏は今の時代のキーマンには果たしてマッチするだろうか。
条件をつければ、それは可能とはなるだろう。その条件とは?
Make America Great Againで米国だけが潤うテーマは当てはまらない。
アメリカファーストという利己的なスタイルを押し通そうとすると、
世界から一斉の非難を浴びせらるのは当然のことだ。
なぜなら米国の指導者達は、パックスアメリカ―ナ(軍事的覇権主義)と、
戦後プレトンウッズ体制での世界秩序を築き挙げ、
世界から信任されたものだったからだ。
しかし、キューバ危機においては、
医師(ゲバラ)と弁護士(カストロ)が立ち上がって親米政権を追い出し、
革命を成功させて以来、米国の力は下降していった。
米国は圧倒的な軍事力を持ちながら、「核なき世界を構築する」。
しかしそれは真逆な発想であり現実的にはあり得ない。
オバマ氏の妄言にすぎなかった。
オバマ氏は戦後最低の大統領であり、
トランプ氏は戦後の終末大統領といったほうが
的を得ているように思う。
今現在での世界秩序では、核など廃絶できるわけがない。
常任理事国だけが核の保有を認められ、それ以外は許さない、
いま考えられることは、2017年中に北朝鮮に核保有を認め、
米朝国交樹立、米朝平和友好締結、
そして朝鮮半島の休戦から終戦の調印をし、
北朝鮮にNPTに加入させ、核の保有国が、
正恩氏の核の平和利用に徹する縛りを設定することである。
いま、水面下で年内での実現に向けて交渉をしているはずであり、
メディアで言う、正恩氏みずからの発射はあり得ないことがわかる。
米国に煽られて、時代の流れに逆行する日本では、
イージス・アショアの実戦配備をせざるを得ない、
安倍政権への不信も再燃するだろう。
トランプの真意は北朝鮮・中国・ロシアとのスムーズな関係構築にある。
日本はおそらく今後、蚊帳の外での外交を強いられるだろう。
韓国では文大統領が北との対話協調を強めており、
旧日本軍関係への猛烈な反感は、いまの外交では未来永劫無くなることはない。
プーチン氏はヤルタの秘密条約(北方四島を支配)を、
律儀に守っているだけであり、2024年まで大統領職に就くことにある。
日ロ平和条約は締結する腹はないだろう。
習近平氏は一路一帯構想で元王朝の回帰を狙っているらしいが、
共産党一党独裁政権での政には限界がある。
民主化で生まれ変われば世界をリードする国にはなれる可能性はある。
経済は拡大しても人心が離れては話にならない。
トランプ氏は支持率が下降していると言われているが、
彼としてははじめから大統領になるつもりはなかった。
オバマ・ヒラリーに勝利する。就任式でその目的が全うされたわけだが、
政治に素人な彼は弱みだけが露呈されてはいるけれども、
キッシンジャー氏はそれを上手く外交の戦略に使おうとしている。
つまり、捨て身で北朝鮮と米国を平和条約締結という形で進めさせ、
極東の軍事的不安定を無くすことであるとされる。
米朝は水面下で交渉を進めていることだろう。
トランプ氏は任期を待たずして、ペンス副大統領に禅譲する可能性は高い。
いまのホワイトハウスの状況はどうみても尋常ではない。
日本としては、大本営の回帰と米国隷属志向の安倍氏では無理だが、
次なるリーダーこそが国連常任理事五ヶ国とは間合いをとり、
日本独自の独立国らしい理にかなった主張と、
振る舞いをすることが大事になるはずだ。
今の時代が50年後、100年後、1000年後、
どう描かれているかを想像してみるのは、
平和と戦争や差別や経済格差を見る上で、
貴重なものとなるに違いない。

 


"Current in the age and the future character"


A person in the lead-like viewpoint in the time (key man) exists certainly in a world in everytime.
How is it in the time current as of now? Who on earth applies to that?
Does Mr. Donald Trump kill, and agree with a key man in the time now?
When making the conditions, that would be possible. With its condition?
A theme by which only USA benefits in Make America Great Again doesn't apply.
When I try to carry a selfish style as an American first baseman through.
SERARU NO is open to simultaneous criticism from the world, and a natural thing.
Because American leaders, with PAKKUSUAMERIKA-NA (military power principle).
The world order by a pre Ton Wood system is built and mentioned after the war.
It's because it was trusted in from the world.
But since it's put in the Cuban Crisis.
A doctor (Guevara) and a lawyer (Castro) stand up and drive a pro-government in the US.
Since I made a revolution succeed, the power of USA was being descended.
USA "builds the world without stones" while having the overwhelming military power.
But truth is reverse idea and that's impossible realistically.
It was only a lie of Mr. OBAMA.
Mr. OBAMA is a lowest president after the war.
Mr. cards are the one such as postwar end presidents.
I think I get a mark.
It's impossible to be able to abolish a stone by the world order current as of now.
Only a permanent member of the Security Council can admit nuclear possession, and anything but that isn't permitted.
The thing considered now admits nuclearization in North Korea by the end of 2017.
U.S.-North Korea establishment of diplomatic relations and U.S.-North Korea peaceful friendship conclusion.
And signing in the end of the war is done from an armistice in Korean Peninsula.
The country in possession which makes NPT join North Korea and is a stone.
It's to establish tying which devotes itself to nuclear peaceful utilization of Mr. positive kindness.
Negotiations should be done for realization within the year under the surface of the water now.
Mr. positive kindness who says by media finds out that the launch is impossible.
In Japan where I'm fanned into USA and go against a flow in the time
A military disposition of Aegis and ASHOA can't help be done.
A distrust to Abe political power would also recur.
There is true meaning of cards in smooth related building with North Korea, China and Russia.
Japan would be able to press for diplomacy outside the mosquito net from now on.
A sentence president is strengthening dialogue cooperation with the north in Korea.
The future eternity doesn't disappear by the diplomacy now for furious antipathy to an old relation of the Japanese military.
The secret treaty by which Mr. Putin is Yalta (The four northern islands are ruled.)
It's here to be just protecting and get a president job until 2024 honestly.
There would be no concluded abdomens for a peace pact of Japan and Russia.
Mr. shuu Chinahira seems to aim at regression of a former dynasty by the whole plan directly.
Politics by the Communist Party party dictatorship is limited.
When it's reborn by democratization, there is a possibility that I get away in the country where the world is led.
Even if economy expands, since getting away, the hearts of the people don't come to talk.
It's said that an approval rate descends Mr. cards.
There was no intention which becomes a president from the beginning as him.
I defeat OBAMA and Hillary. The purpose is a fulfilled reason by an inauguration.
Only the weak point is exposed by Masaji to him who is an amateur.
Mr. Kissinger tries to use that for a diplomatic strategy well.
In other words, make advance it by the shape that I'm desperate and call North Korea and USA a peace pact conclusion.
You assume that it's to lose Far Eastern military unstableness.
U.S.-North Korea will be that I'm carrying on negotiations under the surface of the water.
Without Mr. cards' waiting for tenure of office, a possibility that I abdicate the throne to a penny vice-president is high.
Even if it's seen, how ordinary isn't the situation of the White House now?
Japan is impossible under Mr. regression of Imperial Headquarters and American subordination-oriented Abe.
The leader it'll be next gets the suitable interval with five UN permanent directors.
Japan, with the insistence reasonable appropriate for a personal independent country.
To behave oneself should assume serious proportions.
The time now is 50 years later, 100 years later and 1000 years later.
To imagine how to be drawn?
When a war, discrimination and the financial differential are thought to be peaceful.
I'm certain that it'll be something valuable.

 

「解散総選挙になる必然性と民意の高揚」

安倍内閣が異例の改造をおこない、支持率は微妙に変化したものの、内閣への不信感はむしろ倍加されたといっていいだろう。森友・加計学園問題は政権の存亡を脅かすものとなり、これまで安倍夫妻がもつ野望は露と消えるだろう。
メディアを味方につけプロパガンダを軌道に乗せ、権力を思うがままに操ろうとする戦略は、今の時代では通用しなくなっている証拠だ。
戦前では、選挙権は男子二十五歳以上で税金を納めている者だけに与えられ、女性には参政権はなかった。だから、軍部の首脳は裕仁天皇とともに、二人三脚で国家の行く末の責任を全うすべきところ、無謀な戦争に突入し、大いなる犠牲を国民に与えてしまった。その大政翼賛会の中枢にいた岸信介氏はGHQのA級戦犯で極刑になるはずだったが、急きょ免除されてしまう。その訳はいろいろと取り沙汰されているが、なんらかの取り引きがあったんだろうと誰もが想像することになる。祖父と同じ道を辿りたい、孫にあたる安倍晋三氏が焦るのは致し方のない事なのだろう。いまは、時代が違う。民意を敵にまわしては政は進まないのだ。
いまの自由民主党政権には数の論理でいけば、何でも出来るはずだが、なんでも多数決で決めようとするのは、日本人のDNAである「合議制」に反することでもあり、民意には迎えられない現実に直視しなければならないだろう。
従って、安倍氏が男として筋を通すのなら、森友問題を解決するよう特命をし、加計学園の白紙撤回を決断すべきだ。認可の決定を遅らせ、多額の補助金を投入する秘策もあるようだが、それは民意がゆるさない。その上で、解散総選挙をするのなら話は別だが、
そうでない場合は、来年の衆議院任期満了まで政権をこのまま維持しようとするならば、任期満了に近づくにつれ、議席獲得数は比例して激減するだろう。そこに、日本ファーストや細野議員と小池・野田氏らとの新しい政党が出来るとすると、自公の過半数はとうてい望めないだろうし、民進党は消滅しかかっても、いくらかの議席は残る。
そういうことで、自民党サイドは、解散の時期を引き伸ばせば引き延ばすほど、獲得議席数はどんどん減っていくことは間違いないので、近いうちに電撃解散はあり得るとMoyurupen Gate Entertainmentsは見ている。



The moyurupen street journal Vol.0001-0007

はい、こちら2020東京五輪(第九章:その二)

■「初めて読まれる方へ」■
・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタント中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクションでのエンターテインメント性を織り交ぜながら話を進めていきます。・:・・・・


★目次・進捗状況★
「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)
<2015年~20208月の開催日まで継続予定です>
■[2015]第一章 透明慕情:その一~その四
■[2015]第二章 2020東京オリンピック開催決定:その一~その六
■[2015]第三章 1940-2020 歴史は繰り返す:その一~その八
■[2016」第四章から第七章(予定)
■[2017」第八章から第十章(予定)
■[2018」第十一章から第十三章(予定)
■[2019」第十四章から第十六章(予定)
■[2020」第十七章から第二十章(予定)

<登場人物>

・僕:中山正輝
・僕の妻:恵理子(野猿系)
・僕の長女:千鶴(野猿系)
・同僚:船橋真吾(イケメン系:代表権のないくろくま広告社社長)
船橋くんの妻:美智子夫人(ハイソ系:くろくま広告社会長<実質的な経営者>)
船橋くんの娘:絶世の美女:みどり君
・銀座マネキン嬢(昼は銀座通りのマネキン嬢、夜は銀座のサロン嬢:ユキ、ナオミ、サトミ、ミキ他。全員国立大出身のインテリ)
安土城天守閣での時空を超えた歴史上の人物の面々。
美大の後輩:安藤(アートディレクター、ソラミミスト今東光似の毒舌家)
・くろくま広告社元会長:広瀬弘文(美智子夫人の父)
・銀座の若旦那衆他
霞ヶ関官僚、国会議員
・その他随増殖・・

 


「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)

 

第九章 「風雲急ニッポン」

 

<第九章:その一>


先日船橋君の知人でダンサー兼女優を目指しているM嬢が、博品館劇場でのイベントに出演するというので、僕と安藤、そしてマネキン嬢達が招待された。水谷豊さんのプロデュースで、M君も頑張っていた。MLBカフェでも素敵なダンスを披露していたが将来が楽しみだ。個人的には、彼の伴侶である元キャンディーズの伊藤欄ちゃんのファンだったので、今はどうしているかなと気になっている。マネキン嬢のあけみ君、ユキちゃん、望ちゃん、みどり君、お局のさくら嬢も資生堂パーラーで楽しんでいた。

「よかったねーーーー、Mちゃん」
「あのセリフと優しい言葉使いは天性のものんだわよね~~」
「どこかの、ちがうだろー!この禿げぇーーー。このやろー!と弱い者イジメをする国会議員さんとは、ちがうわよねーーー」
「人間でないものと比較するのはよくないわ。違うだろ―・・・・」
「ユキちゃん、テレビの音声聴き過ぎておかしくなったんじゃない?」
「あんな風にはなりたくないわよね」
「そんなつもりはなくても-、車の運転中にパワハラは犯罪よね」
「もう議員生命は終わりじゃん、もう終われば・・・」
「もうすぐ都議選ね、投票いった?」
「あたいたち人形には選挙権あるわけないじゃん」
「そうだよね、でもなんだかんだ言っても小池ちゃん勝つんじゃない・・・」
「たぶんねー、自民はかなりやばい。解散するかもね。中山さんも言ってた・・」
「ま、どっちでもいいけど、あたし達の生活には関係ねぇだろ~~~」
「なんかみんな豊田調のミュージカルやってるみたい」
「もうその音声の話はよそうよ。気持ち悪くなる。女なら女らしく、怒るときは筆談で・・・」
「そうよ、そうよ、そうしましょう・・・」
森友学園加計学園も迷走中ね。ニッポンは変な国・・・」
「証拠があっても知らない?認めない?」
「それって、目の前で犯罪を犯しても、私はやってない、というのと同じじゃない」
「やったもん勝ちの国なんだ~」
「マネキンの私達の敵?」
「でも、普通のニッポン人はとてもいい人よ・・・」
「権力の中枢に入ると人間は変わるんだ・・・」
「もし、秘書が喧嘩っぱやい人だったらどうなってたんだろう。想像出来る?」
「できる、できる。こんな刑事事件になるんじゃないの・・・」

『ちがうだろ~。ちがうだろ~。このハゲ~』
『なんだとー、このやろう、いったい誰に向かっていってんだよう』
『真由子様の言うことが間違っていると言うのかよ~』
『っ当たり前だろう、お前が間違ってるんだよ~』
『今日中に配り終えろよ~今日中に~』
『なんだと~てめぇがやれ~』
『死ねば~』
『あぁ、死んでやるよ~、その前に車を降りて俺にひざまづけ・・・』

「こんなことも、ありえるんじゃない?」
「あたいたちには、関係ないこと。それより、麻央ちゃん可哀想だったわね~」
「人間の乳がんって大変みたい。あたいたちにはないけど・・・」
「でも、人間さんはちゃんと定期検診必要ね」
北朝鮮のミサイル情報って、税金の無駄遣いじゃないの~」
「正恩ちゃんとトランプちゃんが平和条約むすぼうって時にね。ちゃんちゃら可笑しい」「ムーニーの安倍ちゃんがやるんだからたかが知れてるわ・・・」
「国民は迷惑千万・・・・」

僕達三人はいつも彼女達の会話を聴くのが実に楽しく感じる。存在自体に裏も表もないからだ。あの国会議員のようになったら人間おしまいだ。昨今の代議士はどうも人格がおかしいように思う。既婚者なのにわざわざSNSで重婚相手と結婚式の写真を載せる常識のなさ、献金をもらいながら表沙汰になると逃げ口上となったり、自衛隊を党の専属のような発言をしたり、忖度が重大なパワハラとして感じなくなった代議士たち・・・。こんなことで2020年の五輪は立派に開催できるのだろうかとこの日我らは、足取り重く、暑気払いに行くのだった・・・・・。

 


<第九章:その二>


 小池都知事の猛進ぶりには頭が下がるが、国政に影響を与えたダメージは限りなく大きい。都知事が国政に関与するのは問題外だが、押されるように物事は進まざるをえない状況が今の日本にはあるから仕方がないことなのだろう。森友や加計学園安倍氏個人の関係はもはや疑いようのない物になり、全容が解明されるのは時間の問題だろう。その時、永田町には風雲急の出来事があるに違いない。

 歴史はまた繰り返されるのだろうか。米国では2008年にリーマンショックが世界を襲い、金融不安を誘いこんだことは記憶に新しいし、忘れることはないだろう。それ以前には住宅でのサブプライムローンが全米で問題になっており、不良債権証券化し市場に廻しこむという荒業が、ウォール街金融工学者の発明されていた。結果的には公的資金で救われるところは救われ、なぜかリーマンブラザーズは標的になり、生け贄にされていたの。およそ7000兆円にものぼる不良債権は何処へ行ったのだろうか。。。いまだに、リーマンショックの原因がわかってはいても、政治に関わる人達(エスタブリッシュと言う既得権者)は、ウォール街詣でを辞める気配はない。クリントン元大統領夫妻は民主党ウォール街とは疎遠と思いきや金融街での講演料が一億円ともいわれ、オバマ氏でさえその倍くらいの講演料をもらっているという。クリントンキャッシュの疑惑はどこへいったのだろうか。両者とも年間2000万円~3000万円の公的年金が保証されているにもかかわらず、縁を絶ちきれないのは何故なのか。ウォール街と離れては都合が良くない事情もあるのだろうとだれでも勘ぐりたくもなるドナルド・トランプ氏が一体どこまで本気で本丸に挑むのかは未知数どころか、彼もミイラ取りがミイラになる可能性が排除出来ない状況となっている。
 そしてこんどは、車のサブプライムローンと学生ローン破綻が押し寄せる。
非正規の労働者でも何百万円もの高給車を売りつける。支払い能力の限度を超え信用がなくても車が買える。買い手が返済できなくなっても再契約の繰り返しで、危険性があってもディーラーは売り上げを伸ばそうとするだろう。例えばバリューローンというのがあるが、新車の3年間は利息だけ払って最終回支払時に全額払うという契約。全額は無理だからあらためて、再契約をし同じ事を繰り返す。10年で3回もやれば車の市場価値も下が、思うように下取りはできず、契約を解除すると車は二束三文で買われ高額な借金だけが残る。1000万円もの学生ローンを組み、いざ就職しようにも割にあう勤め口にありつけるのは恵まれた部類にはいるだろうが、学生ローンを払いながらだと、まともな稼ぎではとてもまかないきれないのは明白。車も学生ローンも、再び金融不安を巻き起こす起爆剤になるのは時間の問題だろう。
マガノミクスはトランプ氏のMake America Great Againを混ぜて作られた用語で、レーガノミクスの呼び名を真似たものそうだが、財政的には同じような道を辿るような予感はする。日本では、アベノミクスの道は泥んこ状態で、視界も見えなくなったことは言うまでもない。日本では新たな指導者が望まれている。権力をかさにして、気に入った特定の者への計らいや、便宜を法律をかいくぐって、こそこそとつまらない野心を求める官邸は、未来ある後身に道を譲り、国家百年の計を論ずる明るい世論を形成し、正しい羅針盤を設置する義務がある。余命幾ばくもない永田町の老害政治では、これからの世界の流れにはついてはいけないだろう。僕達三人は、猛暑をかいくぐって武蔵境のパワースポットで、リラックスタイムを満喫した。

 

 

マガノミクス

米国では2008年にリーマンショックが世界を襲い、
金融不安を誘いこんだことは記憶に新しいし、忘れることはないだろう。
それ以前には住宅でのサブプライムローンが全米で問題になっており、
不良債権証券化し市場に廻しこむという荒業が、
ウォール街金融工学者の発明されていた。
結果的には公的資金で救われるところは救われ、
リーマンブラザーズはその生け贄にされていたのです。
およそ7000兆円にものぼる不良債権は何処へ行ったのでしょうか。。。
いまだに、リーマンショックの原因がわかってはいても、
政治に関わる人達はウォール街詣でを辞める気配はない。
クリントン夫妻は民主党ウォール街とは疎遠と思いきや
金融街での講演料が一億円ともいわれ、
オバマ氏でさえその倍の講演料をもらっているという。
クリントンキャッシュの問題はどこへいったのだろう。
両者とも年間2000万円~3000万円の公的年金が保証されているにもかかわらず、
縁を絶ちきれないのは何故なのか。
ウォール街と離れては都合が良くない事情もあるのだろうとだれでも勘ぐりたくもなる。
こんどは、車のサブプライムローンと学生ローン破綻が押し寄せる。
非正規の労働者でも何百万円もの高給車を売りつける。
例えばバリューローンというのがあるが、
新車の3年間は利息だけ払って最終回支払時に全額払うという契約。
全額は無理だからあらためて、再契約をし同じ事を繰り返す。
10年で3回もやれば車の市場価値も下が、思うように下取りはできず、
契約を解除すると車は二束三文で買われ高額な借金だけが残る。
1000万円もの学生ローンを組み、
いざ就職しようにも割にあう勤め口にありつけるのは
恵まれた部類にはいるだろうが、学生ローンを払いながらだと、
まともな稼ぎではとてもまかないきれないのは明白。
車も学生ローンも、再び金融不安を巻き起こす起爆剤になるのは
時間の問題だろう。
マガノミクスはトランプ氏のMake America Great Againを
もじって作られた例えで、レーガノミクスの再来を祈ってのものそうだが、
財政的には同じような道を辿るような予感はする。
日本では、アベノミクスの道は泥んこで視界も見えなくなったことは言うまでもない。
日本では新たな指導者が望まれている。権力をかさにして、
気に入った特定の者への計らいや便宜を法律をかいくぐって、
こそこそとつまらない野心を求める官邸は、未来ある後身に道を譲り、
国家百年の計を論ずる明るい世論を形成し、
正しい羅針盤を設置する義務がある。

 

「はい、こちら2020東京五輪」第九章その一

■「初めて読まれる方へ」■
・・・・・・小学生時代からの幼なじみである船橋君とは、偶然にも中堅の広告代理店の同期入社となる。その15年後、船橋君の長女みどり君は名門のプロテスタント中高一貫校の学生になり、彼女は深田恭子似の絶世の美女に育っていた。僕は美大で油彩を学び、船橋君は六大学の商学部で学んだ。みどり君と僕はピュアな慕情関係となってしまった。僕の娘千鶴もみどり君の学校で一緒だが仲は余り良くない。それから数年後、2020夏季五輪の開催が東京に決定。すでに都庁に就職していたみどり君は五輪準備委員会のメンバーとなった。だが、東京に決定したとは言え、問題が次から次と津波のように押し寄せる。2020東京は本当に大丈夫なのだろうかと、この目で追い続けるのは、時代の証言者としての責務でもある。開催までの出来事とフィクションでのエンターテインメント性を織り交ぜながら話を進めていきます。・:・・・・


★目次・進捗状況★
「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)
<2015年~20208月の開催日まで継続予定です>
■[2015]第一章 透明慕情:その一~その四
■[2015]第二章 2020東京オリンピック開催決定:その一~その六
■[2015]第三章 1940-2020 歴史は繰り返す:その一~その八
■[2016」第四章から第七章(予定)
■[2017」第八章から第十章(予定)
■[2018」第十一章から第十三章(予定)
■[2019」第十四章から第十六章(予定)
■[2020」第十七章から第二十章(予定)

<登場人物>

・僕:中山正輝
・僕の妻:恵理子(野猿系)
・僕の長女:千鶴(野猿系)
・同僚:船橋真吾(イケメン系:代表権のないくろくま広告社社長)
船橋くんの妻:美智子夫人(ハイソ系:くろくま広告社会長<実質的な経営者>)
船橋くんの娘:絶世の美女:みどり君
・銀座マネキン嬢(昼は銀座通りのマネキン嬢、夜は銀座のサロン嬢:ユキ、ナオミ、サトミ、ミキ他。全員国立大出身のインテリ)
安土城天守閣での時空を超えた歴史上の人物の面々。
美大の後輩:安藤(アートディレクター、ソラミミスト今東光似の毒舌家)
・くろくま広告社元会長:広瀬弘文(美智子夫人の父)
・銀座の若旦那衆他
霞ヶ関官僚、国会議員
・その他随増殖・・




「はい、こちら2020東京五輪」(Behind the Story 2020tokyo)



第九章 「風雲急ニッポン」



<第九章:その一>


先日船橋君の知人でダンサー兼女優を目指しているM嬢が、博品館劇場でのイベントに出演するというので、僕と安藤、そしてマネキン嬢達が招待された。水谷豊さんのプロデュースで、M君も頑張っていた。MLBカフェでも素敵なダンスを披露していたが将来が楽しみだ。個人的には、彼の伴侶である元キャンディーズの伊藤欄ちゃんのファンだったので、今はどうしているかなと気になっている。マネキン嬢のあけみ君、ユキちゃん、望ちゃん、みどり君、お局のさくら嬢も資生堂パーラーで楽しんでいた。

「よかったねーーーー、Mちゃん」
「あのセリフと優しい言葉使いは天性のものんだわよね~~」
「どこかの、ちがうだろー!この禿げぇーーー。このやろー!と弱い者イジメをする国会議員さんとは、ちがうわよねーーー」
「人間でないものと比較するのはよくないわ。違うだろ―・・・・」
「ユキちゃん、テレビの音声聴き過ぎておかしくなったんじゃない?」
「あんな風にはなりたくないわよね」
「そんなつもりはなくても-、車の運転中にパワハラは犯罪よね」
「もう議員生命は終わりじゃん、もう終われば・・・」
「もうすぐ都議選ね、投票いった?」
「あたいたち人形には選挙権あるわけないじゃん」
「そうだよね、でもなんだかんだ言っても小池ちゃん勝つんじゃない・・・」
「たぶんねー、自民はかなりやばい。解散するかもね。中山さんも言ってた・・」
「ま、どっちでもいいけど、あたし達の生活には関係ねぇだろ~~~」
「なんかみんな豊田調のミュージカルやってるみたい」
「もうその音声の話はよそうよ。気持ち悪くなる。女なら女らしく、怒るときは筆談で・・・」
「そうよ、そうよ、そうしましょう・・・」
森友学園加計学園も迷走中ね。ニッポンは変な国・・・」
「証拠があっても知らない?認めない?」
「それって、目の前で犯罪を犯しても、私はやってない、というのと同じじゃない」
「やったもん勝ちの国なんだ~」
「マネキンの私達の敵?」
「でも、普通のニッポン人はとてもいい人よ・・・」
「権力を中枢に入ると人間は変わるんだ・・・」
「もし、秘書が喧嘩っぱやい人だったらどうなってたんだろう。想像出来る?」
「できる、できる。こんな刑事事件になるんじゃないの・・・」

『ちがうだろ~。ちがうだろ~。このハゲ~』
『なんだとー、このやろう、いったい誰に向かっていってんだよう』
『真由子様の言うことが間違っていると言うのかよ~』
『っ当たり前だろう、お前が間違ってるんだよ~』
『今日中に配り終えろよ~今日中に~』
『なんだと~てめぇがやれ~』
『死ねば~』
『あぁ、死んでやるよ~、その前に車を降りて俺にひざまづけ・・・』

「こんなことも、ありえるんじゃない?」
「あたいたちには、関係ないこと。それより、麻央ちゃん可哀想だったわね~」
「人間の乳がんって大変みたい。あたいたちにはないけど・・・」
「でも、人間さんはちゃんと定期検診必要ね」
北朝鮮のミサイル情報って、税金の無駄遣いじゃないの~」
「正恩ちゃんとトランプちゃんが平和条約むすぼうって時にね。ちゃんちゃら可笑しい」

「ムーニーの安倍ちゃんがやるんだからたかが知れてるわ・・・」
「国民は迷惑千万・・・・」

僕達三人はいつも彼女達の会話を聴くのが実に楽しく感じる。存在自体に裏も表もないからだ。あの国会議員のようになったら人間おしまいだ。昨今の代議士はどうも人格がおかしいように思う。既婚者なのにわざわざSNSで重婚相手と結婚式の写真を載せる常識のなさ、献金をもらいながら表沙汰になると逃げ口上となったり、自衛隊を党の専属のような発言をしたり、忖度が重大なパワハラとして感じなくなった代議士たち・・・。こんなことで2020年の五輪は立派に開催できるのだろうかとこの日我らは、足取り重く、暑気払いに行くのだった・・・・・。


内閣の共同謀議。

文科省から新たなというより、決定的な文書がみつかり、

これはもはや、組織的な権力乱用といっていいでしょう。

文科省の官僚には職権と言うよりも、忠実な執事という立ち位置にあり、

ありとあらゆる行政上のメモをとり保管する仕事。

その出所がわからず怪文書というアナウンスは情報を放った側の、

謀略的な恣意的なものと、国民側は受け止めています。

 

森友も加計問題はもう共謀罪もどきです。

権力の味をしめてしまった、ムーニー首相夫婦は、

日本が死んでも自分たちは生き延びる腹なんでしょう。

次の総選挙では自公政権は大敗でしょうね。

でなきゃぁ、私達の未来はおしまい。。。

安倍氏の会見が終わったとたん、籠池氏の強制捜査

どう見たってこれは国策捜査

とくに、大阪地検は捏造では右にでるものがいないというほど、

巧妙のようだから、たとえ、財務省が慣例だからと言って、証拠を全て隠滅して、

自分たちは関係ないと思っていても、国民はだまっていない。

それでも黙っていたらわたしたちはは、

日本人ではないし、日本に住む資格なんかあるはずもない。

籠池氏は愛国主義の総本山である安倍首相のお墨付きをもらい、

問題が起きたら総本山は保身を優先して、

先兵隊の目下のものに責任を転嫁させるという安倍氏は、

はなはだ未熟なリーダーと評するほかはない。

閉会中審議はボイコットするらしいが、

すればするほど国民にはストレスが溜まっていく。

それにしても、安倍の形相の悪さが日に日に増しているようす。

他の自民党議員らはこれから一体どうするつもりなんだろう。

 

「忖度(そんたく)」の本当の意味。

森友学園加計学園での為政者・官僚・当事者でのやり取りで、「忖度(そんたく)」という用語が頻繁に出てきていますが、日本語としても意味がわかりにくく、ましてや外国語に訳すとなると難しいようです。

一般的には、
「推測」と言う定義があるらしいが余りにも物足りない。。

しかし、MOYURUPENバージョンの定義は、
1)「相手の気持ちを察知し物事を共有するよう推し量る」
2)「自分の意向を周りの物に察知させ、他の者に見えない力の圧力で動かす」
3)「事が自分の身に至らないことを条件に、事件性を悟らせずに相手に脅迫的概念を植え付けさせ、事を成就させる」
4)「こちらの意向どおりに行使をさせるには、相手を説得しなければならないが、難しい場合、官僚の判断を分相応に意識させ、力関係でもって、あやふやな言葉遣いで強迫的に責めてみる」
という定義になるかと見ています。
外国人には言葉そのものよりも、言葉に影響される周りの状況を、文節で表してみたほうがいいと思いますね。

 

The true meaning of "Sontaku".


Moritomo school is exchange by a ruler, a bureaucrat and a person concerned by Kake school, and terminology as "surmise (surmise)" has frequently come out, the meaning is also incomprehensible as Japanese, oh, it's done, and, and, when it's translated into a foreign language, it seems difficult.
Generally
There seems to be a definition called "guess", but it isn't also quite satisfactory too much.

But a definition in MOYURUPEN?
1) "I guess so that I may sense partner's feeling and share a matter."
2) "I make something around sense the will, and it's moved by the pressure of the power other persons don't see."
3) "Without making an event realize that I don't come to my body in the condition, a fact makes a partner plant a threatening concept, and I make a fact be accomplished."
4) "I have to persuade a partner to make them use as this will, I'll make them conscious of bureaucrat's judgement befittingly, have it by a power relationship and reprove for vague language in forcing way in a difficult case."
It's thought whether it'll be the definition which says so.
You think it's better for a word to show the situation of the others who influences a word to a foreigner by a phrase than itself, right?